カメラ フォクトレンダー ULTRON 40mm F2 SLII Aspherical

FE2 と ULTRON

デジカメを買い替えた頃、気合いが盛り上がり、つい買ってしまったレンズ。
コンパクトなデジカメで物足りないときは、銀塩の一眼レフカメラを持ち出すのだが、もう銀塩カメラのためにレンズを買うのは無いと思う。
デジタル一眼レフはコレというカメラが無いのでまだ買っていない。
左に見えるのはクローズアップレンズで、つけると 25cm 位まで寄れる。
FE2 につけると非常にコンパクトで軽い。

蕎麦 北条匠庵

北条のうなぎ大番(判?)跡にできた蕎麦屋。
ニ八そば大盛り850円。並は650円。
まともなそは。おいしい。

閉店

続きを読む

ラーメン がんこや(かるがん)

6号線千代田石岡インター付近のラーメン店
ラーメン 500円。
いつもより脂が多かった。

鹿のスネ肉のワイン煮

鹿のスネ肉のワイン煮
鹿のスネ肉を買ったのだが良い料理法を思い浮かばなかったので、ワイン煮にしてみた。
せっかくなのでいいワインを開けた。Savigny les Beaune 2000。

作り方メモ
- スジ肉は掃除しておく
- 野菜(人参、玉葱、セロリ、白ネギ)は 1cm 位の角切りにする。
- 肉と野菜、ブーケガルニ、粒胡椒を赤ワインにつける(2日)。
- 肉、野菜、ワインに分ける
- 肉は軽く粉をふって焼く
- 野菜を鍋で炒め、焼いた肉を入れ、粉をふり、しばらく炒める。
- ワインを戻し、トマトソースを少し入れ、煮る。
- 肉を取りだし、ソースはしぼるように漉す。

ゾロ目

ゾロ目
ぶれてしまったが、6を並べてみました。
スピードメーターを6km/h に出来たのは奇跡的。

High Energy Earth Science

23日は High Energy Earth Science という workshop に参加してきた。
全の門外漢だが彼らが使う光センサーについてと言うことで講演して来た。
High Energy Earth Science と言う学問は、おそらく、高エネルギー物理の技術を使って行う地球科学と言うことだろう。この particular なworkshop では、宇宙線 muon を使ってナポリのヴェスビオ火山のマグマの分布を測る実験について議論がなされていた。
どうやって、マグマ分布を測るかと言うと、火山の近くに 1mx1m位の面積の muon tracker を二層置いて火山を突き抜けて降って来る muon をとらえてやる。それを火山方向に tracking してやると、muon の flux はほぼ一様なので密度分布に応じて track の本数が変わると言うわけだ。
話では数10mrad四方くらいの領域に track が 1000 本くらい来るのに一ヶ月くらいかかるらしい。muon は火山で散乱されるので、muon tracker の resolution は大体数から10m rad 位で良いらしく、位置分解能にして 5mm-1cm 位らしい。
我々の業界だと neutrino の実験で使われる muon tracker がこれに適していて、T2K 実験に使われている P0D を二層適当な大きさにして持っていけば良い。
問題は読み出しのエレキで、火山には電線は来ていないので、省電力にすることが必要なのと、トリガーが加速器ニュートリノの実験とは全然違う。だから、そこだけ開発できればそれ程難しくないと思われる。
実験にはイタリア、アメリカ、東大が参加しているらしいが、このエレキを作れる人があまりいないらしい。Workshop の話を聞いているかぎりイタリアの人は非常にまともでいい人達そうだったのでうまくいけばいいなと思っている。

VAIO 修理

普段使っている VAIO の FAN がまわらなくなったので修理した。
VAIO-T というタイプのもっとも古い奴で今の3世代前のもの。ほぼ4年使っている。CPUは Cerelon-M というのの 900MHz か何かである。大した仕事はしないので、性能的には不満は無い。DVD drive がついているのに 1.5kg位しかないし、電池は 5時間くらい持つ。
一瞬修理はやめて最近はやりの netbook を買おうかとも思ったが、スペックは総合すると VAIO のほうが上だと言うことで修理した。
修理担当に電話すると指定日に宅配便が取りに来てくれて見積もりの電話がかかってくる。
FAN が動かないことはすぐ確認され、あと、筐体が一部壊れているので(落としたことが何回かある)それも直して 3.8万円。ファンだけにすれば良かったかとも思ったが、それでもネットブックを買うよりは安い。
修理項目を確認すると、数日後に返送されて来た。宅配便が引き取りに来てからちょうど1週間だった。
これで、しばらくはこの VAIO を使うことが出来そうである。

第30回KEKコンサート

ピアノリサイタルだったのでKEKコンサートに行った。

前半が矢澤一彦さんの chopin
ノクターン第18番ホ長調 作品62-2
ワルツ第7番嬰ハ短調 作品64-2
バラード第4番へ短調 作品52
英雄ポロネーズ変イ長調 作品53

後半が大原亜子さんの schubertのソナタ D.958

前半は全く楽しめなかった。
まず、メカニックが心許なくて、そのせいかアゴーギクも非常に不自然。
ダイナミックレンジが狭くて、音楽に強弱がないし、音色の変化もない。
一部はピアノと会場のせいかもしれないが、曲の流れがわかり辛くて、
バラードの最後のところなどは音楽に聞こえなかった。

休憩で帰ろうかと思ったが、人も変わるので思い留まったら
後半は打って変わって良かった。
同じピアノとは思えないくらい、ダイナミックレンジもあるし、音色も豊富。
残念なのは曲が退屈なこと。か。
子供が退屈して音を立てるのは演奏でなく曲のせいだろう。


Coolpix S610

新しいデジカメが昨日届いた。
昔のより大きく重い。

気になったこと
- 広角側で樽型の歪がひどい。四角いものは写せない。
- コマンドダイヤルの動作がひじょうに安っぽい。
- 撮影時に表示される情報が少なすぎ。ヒストグラムもISO感度も表示されない。
- 一枚写真をとるとセルフタイマーの設定を忘れる。
- ISOオートで感度の上限を決められない。

珈琲哲学

ピッツァマルゲリータ哲学風 1100円
コーヒーミニサラダつき

ピッツァは塩味がほとんどしない。台は薄いローマ風。

Bill Evans の音楽と人生

Bill Evans の伝記を読み終えた。
これを読む限り、Evans の人生はあまり、Happy ではないし、
あまり推められたものでない。
若いときから薬物依存で、肝臓をいわせて死んでるし、
結婚は(事実婚もふくめて)3回もしているし、
薬物の為の借金を返すためにレコーディングしたり、
性格もあまり良くなかったようだ。

でも、残された音楽は美しい。
僕にはそれだけで十分だ。
音楽は人格やエピソードとともに語られてはいけない。
と、思う。

ラーメン 麺や武蒼

つけ麺あつもり 780円。高い。
浅草の有名店の麺を使っているらしいのだが、太く縮れていて食べにくい。

デジカメ

愛用のデジカメが壊れてしまった。
前から調子が悪かったのだが、ついに、シャッターがメカニカルに
うごかなくなってしまったようで真っ暗な絵がとれるだけになってしまった。
新しいのを買うにあたっての条件、
1) 小さく軽い。理想は 100g
2) 広角寄り 28mmくらい
3) 暗さに強い (手ぶれ補正、高感度)
と言うことで、kakaku.com で手ぶれ補正、28mm で検索し、重量でソートすると、
a) CASIO EX-Z250,
b) NIKON S610,
c) Panasonic FX37あたりが並ぶ。
28mm をあきらめると
d) CANON IXY 20S。
カメラはカメラメーカーにしたいので b) か d)
デザインだと d) だが、28mm は捨てがたいので結局 NIKON にした。20000 円くらい。
不満は IXY に比べると見た目がダサいこと。重いこと。

しかし、最近は良いコンパクトがない。
携帯電話といっしょで液晶画面を大きくするために、大きく重くなってしまった。
画素数も無理に多くするために画質は悪くなっているし。
400万画素もあれば十分なのに。

28-80mm 相当の明るいレンズ、手ぶれ補正、画素数の少ない大きめのセンサー、
100g、クールなデザイン。
そういうのが理想

Bill Evans と Glenn Gould

随分昔に買った Bill Evans の伝記?を読み返している。
Evans が Bach を好きだったのは知っていたが、Scriabin を好きだったのは知らなかった。
驚いたのは Conversations with Myself が Gould がレコーディングで使っていたピアノとスタジオで
録音されたということ(同じコロンビアレコードだから)。
他にも Gould と Evans が友人であったと書かれている。本当だろうか?
日本の Evans の本と違い事実が書き連ねてあるので良い。
原書の方も手に入れたい。

ラーメン がむしゃ

スタミナ 700円。
出てくるまで信じられないくらい時間がかかる。
いなかに良く見られる客を待たせても構わないと言う考え方。
味以前の問題。

ブログ開設

ブログ開設
プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク