ECL 最後のShutdown

ecltemp10061.png
実験が終わったので、ECLを落としに行ってきた。
Fastbus, TKO, VME, CAMAC, NIM とクレ-トの電源を片端から落としていき、Bias 電源やモニタ-系も止める。しばらく待って、温度が下がったら、冷却水を止め、最後にとどめとして、配電盤のブレ-カ-を落として終わり。乾燥空気だけはまわし続ける。
これで、長年面倒をかけてくれたFastbus/TKOのシステムともお別れ。二度と電源が入ることもないだろう。やっと、24時間 on-call から開放されるので肩の荷がおりた。

Belle/KEKB 終わり

belle10061.jpg
午前9時に機構長がbeam abortボタンを押して、Belle/KEKBは終わった。
KEKBコントロ-ルル-ムでもセレモニ-があったのだが、私はBelleコントロ-ルル-ムの方にいた。
通常beamを捨てるときには Data Taking を止めて、電源をおとし、abort buttonを押す。と言う手順を踏むので、最後の Run を止める瞬間を祝おうと言って集まっていたのだ。
残念ながらKEKBコントロ-ルル-ムの方のセレモニ-の進行をスム-ズにするためというしょうもない理由であらかじめRunは止められ、電源も下げられていたので、全く盛り上がりに欠けた。最後のEvent Displayも電源が下げられていたので、Calorimeter しかなっていない、junkなeventになってしまった。残念。

最後のシフト

KEKB/Belleは予定されていたScanが終わり、その後は6Sの上でBelleのbackground studyや加速器のstudyが行なわれている。加速器のベロ-ズに問題が有るそうで電流が貯められず、このまま endrumまで小電流で運転されるようだ。
めでたくupgrade予算の一部がもらえることになったので、現行KEKB/Belleは6月30日の朝で終了。私のシフトも今日で終わり。運転終了の瞬間は機構長がコントロ-ルル-ムにBeam Abort ボタンを押しに来はるそうだ。

梅酒をつける

umeshu10061.jpg
ス-パ-で完熟の南高梅が売っていたので、今年も梅酒をつけた。
普通は未熟で青い梅とホワイトリカ-で作るようだが、私は、完熟梅と日本酒で作る。梅1kgと純米酒1升。砂糖は適当だが、300g位入れただろうか?梅は買ってきた後しばらく置いておいて追熟させて使う。酒は今年も純米吟醸を奢った。
梅酒には氷砂糖を使うのは融けて行くスピ-ドが・・・というもっともらしい説があるが本当だろうか?
私は全然信じていない。一度でもやってみたらわかるが、最初の1日で氷砂糖も融けてしまう。これがエキス分の抽出に関係するとはとても思えない。
氷砂糖を粉にしたものと、氷砂糖とで同条件で漬けてみて、ブラインドで味の違いがわかるだろうか?きっとわかるまい。

へび

hebi10061.jpg
先日、帰ろうとして、3号館の階段を降りていたら蛇がいた。細いが、体長4-50cmというところだろう。
マムシが出る季節だというおしらせがまわっていたが、マムシなんだろうか?

空気入れ壊れる

pump10061.jpg
先月買ったばかりのPlanet Bike の空気入れが壊れた。この空気入れはポンプ本体->圧力計->ヘッドと言う経路で短長二本のゴムチュ-ブでつながっている。この内ポンプから圧力計へつながる短い方のゴムチュ-ブが圧力計付近でやぶれてしまった。
仕方なく、圧力計からヘッドヘ行くチュ-ブは長さに余裕が有るので切って使おうとしたら、まるで嫌味のようにチュ-ブの太さが違う。
良く見ると圧力計も上下に動くようになっているのでチュ-ブが短くなった分下げようとしたが、これも嫌味のように、下の方でポンプのシリンダが太くなっていて下げられないようになっている。
一瞬買い替えが頭をよぎったが、圧力計を締めているネジをかなり緩めて、無理矢理下に移動して何とか使えるようになった。
このポンプだが、8気圧位までは簡単に入るのだが、そこから先はかなりの気合いで体重をかけないと、入ってくれない。まあ、前後それぞれ2-3度ポンピングするだけなので大した問題ではないが、もう少しいい製品を買った方が良いようだ。

科学者の満足度最低

nature1006.gif
朝日毎日に日本の科学者満足度が最低だと言う記事が有った。へぇそうなんだと思ってNatureの元記事を読んでみた。
確かに日本の満足度が最下位なのだが、私は物理屋なのでもちろんこんな統計の結果を鵜呑みにはしない。
図の左下が、調査結果の科学者の満足度と、国ごとの一般人の幸福度をplotしたもので、明らかなcorrelationがある。これによると、日本の幸福度は韓国、インドに次いで3番目に低いので、最下位になっても驚かない。上の図は産業界と学術会の給料の比較で、これによると、科学の世界では日本の給料がアメリカと並んで最高なのに、産業界は低く抑えられているのがわかる。日本の給料がアメリカと同じと言われると驚くが、1年位前と比べると、為替レ-トが30%は変わっているから、Fare な比較とは言えない。そのあたりはさすがNatureで、物価等を考慮した実質的な給料の比較も有って、それによると、日本はそれ程高くなく、国の幸福度が日本より低い、韓国とインドは日本より上に来て、最下位と言う結論が単に給料と、国別幸福度からだけでも説明がつく。ちなみにこのeffective salary では韓国が断然の世界一である。
これらを鑑みて上記新聞を見てみると、朝日は
『一般市民を対象にした他の調査結果と似通った傾向もみられ、国情が反映されている可能性もある。』
と非常にまっとうなことを言っているのに大して、毎日は、科学技術政策に詳しい某准教授の
『満足度が低いのは、奴隷的な労働環境で将来性を見いだせていないためと言える』
などというコメントをのせて、あまり根拠の無いことを言っているように思える。もちろんこういう解釈も可能だが、これは極端な解釈の一例で、一般紙がこういう解釈をするのは歓迎できない。この某准教授、もしこの記事を読んで本当にこの結論に達してたとしたら、とてもまともに統計資料を読めてるとは思えない。
ちなみにNatureの元記事(For Love and Money)は研究者の環境待遇の男女間の差や研究者同志のカップルの職についてのことが中心で日本が満足度最下位であることは余り記事の中では重要視されていない。
そもそも何でこんな新聞記事が出たのだろう?朝日と毎日は元の記事を読んだんだろうか?

SPD サンダル Lake I/O Sandals

lake10061.jpg
金食い虫の自転車関連の次の買いものはビンディングシュ-ズ。
やはり、ちゃんと走るにはビンディングシュ-ズが必要だろうと思って、自転車を買うときに、シマノのPD-M324という片面フラット、片面SPDというペダルを付けてもらっていた。ビンディング専用にしてしまうと普段乗れないのでこれしか解はありえない。このペダルがあまり一般的でないあたり、やはり、スポ-ツ自転車の世界は奧が深い。
靴はいろいろ探してみたのだが、あからさまに自転車用には見えないようなのは、余り選択肢は無いようで、ようやく見つけたのがこれ。wiggle で買って7000円位。足のサイズが若干心配だったが幸いなことに全く問題なかった。履き心地だが、ソ-ルの足先の方がクリ-トを付けるために厚いからか、少し爪先上がりに感じて歩くとき違和感を感じる。慣れの問題かもしれないが。

暗箱

anbako10061.jpg
マイタ-ソ-を買ったので早速懸案だった暗箱を作った。これまではphototubeの箱でいい加減にやっていたのだが、箱もぼろぼろになって来たので作りたかったのだ。
phototubeを立てて固定できて、結晶とソ-スを乗せられて、遮光できるようにと言うことで写真のような構造にした。上からかぶせる蓋はせっかく斜め切りできるマイタ-ソ-を買ったので留め継ぎにしてある。同じ長さできちんと直角を出して切り出せると箱を作るのはひどく簡単だ。ケ-ブルを引き出すところからいくらか光が侵入するかと思ったが、オシロで見ている限りは測定に問題を起こすような事は無く、とりあえずは思い通りに使えている。
こんな箱でも業者に作ってもらったら結構な金がかかるが、そこらに転がっていたベニア板で作ったので、マイタ-ソ-の分位は節約できただろう。

最先端研究基盤事業

自民党時代に始まって曲折あった最先端研究基盤事業というのの対象事業が決まって、KEKB高度化(SuperKEKB)に100億の予算がついた。SuperKEKBは全体で350億位の計画だから1/3位は目処がたったと言うことか。Belle2については書かれてないのでこれには含まれないと思われる。

対象事業のリストを見ていると、J-PARCの正常化(48億)も通っている。私の記憶ではもともとJ-PARCは1MWの計画で予算が出ていたと思うのだが、現状を10倍にして1MWとはどういうことだろう?算数が合ってない気がするのは気のせいか?

上記リンクの資料4は面白い。最後の2つ以外はグリ-ンイノベ-ションかライフイノベ-ション、或は両方で選ばれているわけだが、その、こじつけ方と言うか、キ-ワ-ドの散りばめ方と言うか見事だ。担当の方々の苦労が読み取れる。もともとグリ-ンイノベ-ション、ライフイノベ-ションの意味がわからないから何にこじつけてもいいようなもんだが。

見学対応 東海キャンパス職員

kengaku10063.jpg
今日の見学は東海キャンパスに勤めてらっしゃるKEKの職員(事務だとおもう)の方々。一人を除いて皆さん女性だった。身内の気安さからか、リラックスした感じで大変やりやすかった。
業務連絡バスでいらっしゃったのを知らなくて、最後の方時間が足りなくなってしまった。私がべらべらと喋り過ぎなのがいけない訳だが。

Injection Veto (6)

inj10066.gif
Injection Veto 中の event の解析の最後はpi0のmass resolution。background が入って resolution がどれ位悪くなるのか?
例によってcalorimeter情報なので、tracking trigger された hadron event を使う。pi0崩壊の二つのgammaうち一つは barrel に行くことを要求して、もう一つが(左)Barrel, (中)Foward, (右) Backward に行ったがで場合分けする。たては入射からの時間。これを見ると、Backward, Foward, Barrel の順に入射の影響が大きいことがわかる。それでも、ちゃんと pi0 の peak は見えているので、悲惨と言う程ではない。

offline selection による bias があるので、はっきりしたことは言えないが、バンチ周回ごとに veto する scheme は多分問題無いという印象を受けた。
もっと前に調べていれば、とっくにこれが使われて、DAQのefficiencyが上がっていたかもと思うと、少し怠慢だったかと反省している。多分この scheme だと2%位 efficiency が上がっていただろうから、年間の運転経費を20億とすれば、私の怠慢で失われた税金は3年で1.2億か。。。

Miter Saw (マイタ-ソ-)

mitersaw10061.jpg
昨年度末に買ったスライド丸鋸。ア-スマンという中国製の安物で2万円位。KEKには金属加工に関しては何でも出来る位工作機械が揃っているのに、木を切るのには不自由する。いいのを買うとすぐ10万円コ-スなってしまうのだが、決まった角度に板が切れればとりあえず問題ないのでこれで良し。
買った状態だと、調整されていないので角度が微妙にずれていたが、少し調整したら、簡単に直角は出るようになった。
後は、テ-ブルソ-が有ればいいのだが、そこまでは欲張るまい。

深川丼

hukagawa10061.jpg
テレビでアサリ料理を紹介していてひどく食べたくなり、作った深川丼。ちょっとつゆが少なめだったが非常にうまかった。

- 昆布、酒をいれた水でアサリが開くまで煮て出汁を取る、身は外す。
- 出汁に味付けしてごはんを炊く
- 残りの出汁に白ネギとアサリの身を入れて、生姜、酒、薄口、みりん、味噌で味付けする。
- 椀にごはんを盛って汁ごとかけ、ネギと海苔をあしらい完成。

少し生姜が効いている方がおいしい気がする。山椒の薬味が合うかも知れない。
後ろに写っているのはアサリの出汁で作っただし巻。

中性子照射

yayoi10061.jpg
東京大学原子炉に中性子照射に行っていた。
今回は昨年度に買った浜ホトとAmcrys(Kharkov,ウクライナ)の結晶を照射してきた。前者ははじめての照射。後者はこの結晶から製法を変えたと言うので再度中性子耐性を調べないといけない。
今回は一回目と言うことで10^11/cm^2で現行のBelleが受けているのと同じ位の量。この位で問題が有るようだと使えない。
東京大学原子炉『弥生』は今年度一杯で運用停止と言うことで、今年度中に照射したい人がいて、今回はAerogel RICHのAPDの照射と、導電性ポリマ-の3つの照射の相乗りになった。左の写真で私の結晶の先に張り付けてあるのが導電性ポリマ-で右の写真に大きく映っている。ポリイミドのフィルムの表面に導電性ポリマ-が薄く塗布してあって、これに穴を空けてGEMにするとか。で、中性子をあてて変質してしまっては困ると言うのでその確認。左の写真のケ-ブルは表面抵抗をモニタするため。
照射は問題なく終わったが、結晶は照射後しばらくは発光しているのでそれが収まるまで測定は出来ない。また、後日測定機器を持って測りに行く。
次の照射は夏以降なので、そこで10^12, 10^13と照射する予定。

Injection Veto (5)

inj10065.gif
今度は ECL にどの位 energy が deposite されているか調べる。sample は track trigger されは hadron event。例によってhadron event selection に ecl の情報が使われているので結果はバイアスされている。
1MeV 以上 energy deposit が有った cell(結晶)の energy を足し合わせたものを、横軸を入射からの時間(左)と、バンチ周回毎の時間(右)でplotする。
4つあるのは、ECL全体、Foward, barrel, Backward。
これを見る限り、2ms程度まで backward と foward にbackgroundが入ってくるeventが有るようだ。右側のバンチ周回の時間の方を見ると、微妙にサインカ-ブを描いているような気がするが大きな効果ではない。右側の図で3us位のところに有る injection による効果をvetoしてから、左の図を作った方が良かったか。それで、2ms以下の高いエネルギ-のテイルが消えるか?

Injection Veto (4)

inj10064.gif
Energy Trigger 編
Tracking Trigger のときとは逆に Tracking Trigger でとられた event 中に hadron event を探す。この母集団に関して、Energy trigger が fire している割合が efficiency。
左が Energy trigger の時間分布。右上のトゲトゲはbinningの効果なので気にしない。こちらも1ms位までは event数が少ない。右は efficiency。Tracking Trigger を同じ傾向。
ここまではTracking も Energy Triggerも入射バンチの周回ごとにvetoすることに問題は無い。
次は energy 測定の quality について調べる。

KEK 電力 と luminosity

kekb10061.jpg
電力状況を表示するテレビが生き返っていたので観察してみた。
どうやら電力契約の上限は70MW程度らしい。写真を撮ったとき、電力注意報は出ていなかったが、KEK全体で67MW、そのうちKEKBは44MW消費している。一番多いのは当然RFでこのときビ-ム電流は半分位しか入ってなかったがそれでも20MW位。しかし、残りで24MWも使っていると言うのも凄い。電磁石、超伝導用の冷凍機、冷却等で24MW。後、放射光施設は12MW。計算機センタ-2.3MWと言うのも凄まじい。計算機(およびその冷却)って電気食いなのだと改めて思う。

契約電力を超過してペナルティ-がいくらなのか知らないが、越えないようにするために、ビ-ム電流を絞っても、電力(電気代は)は1割も減らない。でも、luminosityは激減する。それだったら、ペナルティ-を払ってもちゃんとluminosityを出して、運転時間を短くした方がいいのではないのか?RFとMagnetだけ止めても30MW位は節約できる。30MWというと一日700万だ。ここはKEKだから、私が3秒で考え付くような事はとっくに計算しているのだろうが。。。

Injection Veto (3)

inj10063.gif
Injection Veto の解析の続き。
Tracking Trigger の efficiency を調べるために、Energy Trigger された Event 中に offline でhadron Event を探す。これら hadron Event で tracking trigger が fire している event の割合が大雑把には tracking trigger の efficiency みたいなもの。
図の左側は trigger が fire したeventの時間分布。1 ms 位までは event が少なく、Scatter plot を見ると、入射バンチの周期で少し event が少ない。右は trigger efficiency で最初の数百us以外は flat。バンチ周期の方はわずかに相当するところが下がっている。
まあ、予想通り。本当は offline の hadron selection には offline tracking を使っているのでバイアスがかなり有る。offline で reconctruction 出来ない event と trigger してもしょうがないので良しとしよう。
次は同じ事を energy triggerについて行なう。

KEKB復調と電力注意報

KEKBは調子を取り戻して、17/nb/sec 位で運転を続けている。この位でてると、一日あたり1/fbは軽く行く。エネルギ-はY(6S)のスキャンに入って今は10.98 GeV。
10.98GeVで運転しようと思うとRFのパワ-を上げないといけないそうで、電力が厳しくなる。
私のうろ覚えの記憶では60MW位を越えるとKEKに電力注意報が発令される。今日は相当に厳しかった?らしく、KEKBの電流が抑えられた。それでも10/nb/sec位は出ているが。

ちなみに60MWの電力の電気代がいくらか計算してみると、これもうろ覚えのKEKの電気代の契約は1kWhあたり10円程度らしいので、60MWだと、10*60*1000で1時間あたり60万円。KEKBは多分このうちの40MW位なので1時間あたり40万円。一日にすると24倍して1000万円だ。年100日運転するとそれだけで10億円かかることになる。
60MWの電力がどれ位かと言うと、日本では人口一人当りの電力消費量が約1kWなので、6万人分の電気を使っている計算だ。家庭で使う電力は全消費量のおよそ30%なので、KEKで使っている電力でつくば市(20万人)の全家庭を賄える(工場等は別)計算だ。KEK恐るべし。

Energy Scan は10.98GeVを含めて残り4点なので順調に行けば週開けには予定終了となる。

Injection Veto (2)

inj10062.gif
Injection Vetoを入射バンチの周回ごとに行なうschemeがちゃんと働くかのstudy。
そのために最近取ってもらっている3.5msのinjection veto中の physics trigger されたeventの解析をすすめている。
図は、trigger された event の timing。二つ同じ図があるのは左側がTrack Trigger,右側がTotal Energy trigger、Track triggeはCDCでEnergy triggerはECLで作られている。
それぞれの図の左上が、入射されてからの時間分布、右上はそれを10usのモジュロをとったもの。下はその散布図。右上の図でシャ-プなピ-クになっているのが、入射バンチがBelleに届くタイミングだが、Energy Triggerはそこから3.5usくらいたったところにもするどいpeakがある。同じ ECL trigger でも Cluster Counting だと、この二つめの peak は出ない。なんだろう?
このピ-クを除くと分布はほぼフラットになるので、とりあえず、ピ-ク以外のところではTriggerは働いていると思われる。これからもう少し、詳しく調べる。

はやぶさ

読売によるとはやぶさのカプセルを回収しに研究者が40人ウ-メラに行ったらしい。さすがにJAXAは金持ちだ。軍に現場につれていってもらって、袋に詰めて持って帰るだけのことに、40人も行って、大多数の人は見物以外にやることが有ったのだろうか?
一方で同じく読売の記事によると、はやぶさの後継機の予算は3000万円に縮小されたとか。
40人をウ-メラに出張させるのに2000万円位かかると思うが、金の勘定がよくわからない。

つくばコンサ-ト 河村尚子

かつては良くコンサ-トにいったが最近はレコ-ドと本物の違いをキャリブレ-トするためにときどき行くにとどまっている。つくばコンサ-トは出演者のクォリティ-も高いし、何しろ歩いて行けるので東京に行くことを思ったらタダみたいなものだ。実際B席2500円は東京の会場まで往復するより安い。
通常コンサ-トの曲目を見ると気持ちが萎えるのだが、今回はブラ-ムスの後期のピアノ曲が有ったのでまだ良かった。私の好きなOp.117-3と118-2の二曲のIntermezziが並んでいる。

L. Beethoven Op.31-1 Sonata No.18
J. Brahms Op.117-3 Intermezzo in E-flat Major
Op.118-2 Intermezzo in A Major
Op.118-3 Ballade in G Minor
Op.118-6 Intermezzo in E-flat Minor
Op.119-3 Intermezzo in C Major
Op.119-4 Rhapsody in E-flat Major
---- Intermission -----
R. Schumann Op.16 Kreisleriana
---- Encore ----
F. Chopin Op.Posth Nocturne No.20 in C-sharp Minor
Op.64-1 Waltz in D-flat Major
J. Brahms Op.118-2 Intermezzo in A Major

河村さんは全く予備知識を持たなかったのだが、最初少し聞いただけでメカニックに問題ないのがわかる。ホ-ルのエコ-が多めなのも有るが速いパッセ-ジがやさしく滑らかで、安心して聞ける。
件のブラ-ムスはグ-ルドの甘くロマンティックな演奏と比べると、もう少し、あっさりしていて、やさしい感じ。
アンコ-ルは3曲弾いて下さったのだが、3曲目は本割りで弾いた曲をもう一回。私の好きな曲なので嬉しい。プログラム中より少し情熱的だったような気がしたのは気のせいか?
このクォリティ-のコンサ-トが2500円で聞けるのに、客席が多分1/4も埋まってなかった。それが残念。

Gios Ampio (5)

ampio10061.jpg
少し前傾した方が速く走れるかと思ってステムをひっくりかえしてみた。どちらに向けてもGIOSの宣伝が出来るようになっているのがうざい。多分これでa few cmハンドルバ-が低く、遠くなりより深い前傾になるはずだ。
逆にしてみて200km位走ったが、違いが全くわからない。多分、誰かがこっそり元に戻しても全然気付かないと思う。5mmの違いを感じる自転車エンス-の人には申し訳ないが、私など、その程度のものだ。
写真は Powershot S90 で撮ったがホワイトバランスを派手に外している。

Powershot S90 修理後

s9010061.jpg
修理に出していた Powershot S90 は申込後4日でキヤノン大分修理センターからシュリンクラップされて送り返されて来た。
修理伝票曰く『電源部メイン基板ユニットが不良のため、部品交換しました。』とのこと。特に外装とかに変化は無い。
当然、設定などが初期化されていたので、記憶を頼りに元に戻した。
以後、フル充電した後、一週間位で100枚位撮っているが、電池はまだ残っている。早めに気付いて修理に出して良かった。

LEDライト LED Lenser T5

ledlight10061.jpg
自転車を買うと、色々と別に買わないものが多い。Headlightもそうだ。
- 明るい
- 小さい
- 単三一本
というので色々探したところ、このLEDライトに行き着いた。Amazonで3000円位。
単三電池一本用にしてはかなり大きいが、まあ、許容範囲。1.63Wで約80ルーメン。Run timeは単三一本で約2時間。キーホルダーにつけている単四電池一本のLEDライトは結構明るいがそれは26ルーメンなのでかなり明るいことがわかる。実際届いたものをつけてみると、ちょっとびっくりする位明るい。絶対にLEDは直視できない。
自転車には同じくamazonで買った『Bikeguy バイクライトホルダー』というので取り付ける。ゴム製品とベルクロ2枚を組み合わせただけの簡単なものだが、非常にneatに固定することが出来る。
少し走ってみたが、非常に明るくて満足。ちょっと明る過ぎるかも知れない。

セミナーと金茶 T2KとLHC

seminer10061.jpg
今日の午後はT2KのセミナーとLHCの金茶があった。
T2KはNeutrino Conference前の報告会。加速器は75kW位までは上がっていて、順調に data はたまっている。2.3e19 pot でSKで22event observeとのこと。Oscillation の解析結果はまだ出ていなかったが特に予想とずれているとか言うことは無いようだ。最後に他実験との競争の図が出ていたが、競争は熾烈で、SuperKEKB計画をちょっと位遅らせてもこっちを優先すると言う議論は当然有りうる気がした。
LHCの方は事故からの復旧後は順調に立ち上がっている様子で、それは、encouraging なのだが、来年一杯3.5+3.5=7TeVで走って1/fb貯めた後16か月!shutdownすると言うのを聞いてガクッときた。私だけでなくかなりの人がガクと来ていた。7TeV 1/fbではSM Higgsは絶望的なので、2013に始まる運転を待たねばならないと言うこと。Higgs発見はまだまだ先の話になりそうだ。

Cote d'Azure のシュークリーム

azur10061.jpg
東新井の人気洋菓子店のシュークリーム。つくつくシュー190円位。
つくつくシューと書いてあったので『つくつくシュー下さい』と注文したら、店の人に『シュークリームですね』と正されてしまった。
カスタードはマリアと似た味。おいしいが、洋酒の味がするモンサンミシェルの方が好み。
しかし、シュークリームとショートケーキ一個を箱に詰めるだけで何分も待たされるのはどうにかならないものか?馬鹿丁寧にも程が有る。待つのをやめて帰ろうかと真剣に考えた。

Laser 調整

laser10061.jpg
測定器開発室で導入したLaserの調整をやってもらった。
赤外線のLaserを波長変換結晶をつかって波長変換して任意波長のlaser pulse を出せるシステムに、fiber opticsと顕微鏡、ステージ等をつけたもので、光センサーの波長特性を測るのが目的だ。DriverのYAG laserが数 ns のpulseを20Hzで出すそうで 20Hz で紫外線から赤外線まで任意波長の pulse が顕微鏡に設置された光fiberに出力される。はずのものだ。非常に高そうだが、私が買ったわけではないので詳しい値段は知らない。
任意波長の光をどうやって作るか聞いたのだが、まず、赤外線レーザーの波長を結晶を使って1/3にし、それをまた別の結晶に打ち込む。このとき結晶の向きにより、出てくる波長が違うそうでそれを光学系でファイバーに導く。この結晶の向きをステッピングモーターで制御して波長を選ぶようだ。
調整前は波長を選んでも、正しく選んだ波長の光が出なかったりしたのだが、蓋を開けてみて納得した。もともとのYAGレーザーはちゃんとしたものだが、そこから結晶を通る部分(写真右)はほとんど手作りと言う感じで、一台一台調整が必要と言う感じだ。実際調整にこられた方も輸送中に多かれ少なかれ狂うものだとおっしゃっていた。
調整してもらった結果、写真左の赤い箱の外まではすくなくとも正しい光が出てくるようになった。次はそこから先、顕微鏡までの光学系を調整してもらわないといけない。

Touschek background study

昨日今日と加速器の協力でTouschek backgroundのstudyをやっている。
Touschek はバンチ中で粒子同志がinteractionして起こるbackgroundで、粒子密度が高くなると出やすくなるから、beam sizeを小さくすると増える。SuperKEKBでは極限までbeamsizeを小さくするのでこの効果によりbeamのlifetimeが短くなったり、Belleにバックグラウンドが増えたりする。それを、今のうちにbeamsizeとlifetileやbackgroundの関係を測定しておこうと言うこと。Touschekはバンチ内の効果なのでsingle beamでKEKBを運転して、電流を保ちながらbeam sizeを変えていき、lifetimeやbelleのbackgroundを測る。この結果をbeam simulationで再現できればSuperKEKB/Belle2へのextrapolationの信憑性が増すということ。
今日中に終えて再びEnergy Scanに戻る。

見学対応 茨城県弁護士会

kengaku10062.jpg
今日の見学は茨城県弁護士会の方々10名程。
大人で、人数が少ないと楽だ。今日は、いつもより、展示室での加速器の説明を短くしてみた。正解だったみたいで、いつもぐだぐだになる後半も時間に余裕が有った。中には物理に興味を持っている方もいらっしゃるようだった。

ラーメン 大河

taiga10061.jpg
大河は常磐高速谷田部ICの西の方つくばみらい市との境付近にあるラーメン屋。ラーメンデータベースでつくば市の第3位にランクされている。ここも、KEKから20km位で自転車で行くのに丁度いい距離。少し遠回りして小貝川の自転車道?を通って行くと非常に気持ちいい。
開店の頃に行ったのだが、客が多くて、かなり待たされた。何しろ、一度に二杯しか作らないのでほぼ正確に一杯あたり90秒時間がかかる。席は20程有るが20x90秒=30分なので、完全に作る方で律速されている。
醤油ラーメンは680円と高い。甘目の味付けのスープで、麺は加水率高めの黄色っぽい麺。こってりはかなりの量の脂で注文しなくて正解だった。これでつくば3位???

Injection Veto

inj10061.jpg
KEKBではluminosityを稼ぐために、衝突しているビームに物理運転中にinjectionする。入射されたビームの影響で、入射直後にはBelleにbackgroundが増える。このため現在は入射後3.5msの間、trigger をvetoしている。SuperKEKB ではビームのlifetileが短いので常に50Hzで入射を行なう。すると、一秒あたり3.5ms*50=175ms vetoするので、これだけで 18% deadtime になり、許容できない。
入射後のbackgroundの時間分布を見ると、入射後数100usの間と、入射バンチがKEKBを回る一周ごと(10us毎)にしばらくで続けるものとがある。入射バンチの周回ごとのバックグラウンドは3.5ms程度は続くので、最初の数100usと、後は一周10usの内問題のバンチのとおる時間を2usずつくらいvetoすれば良い。これだと、50Hzでも数%位の deadtime になる。
問題はECLのエレキがちゃんと動くかで、元々0.5usでshapingするので、ECLからの出力波形は2-3usはある。例えば、直前に10GeVバックグラウンドを喰らった結晶が、その、5us後に来た物理からの信号をちゃんと記録できるのか?
それを、確かめるために、injection veto の間も prescale して data を取ってもらっている。写真は Injection veto(緑) と Trigger(黄) の signal で、数は少ないが確かに injection veto の間にも trigger がかかっている。
問題は解析の方で、ちょっと面倒なことをしないと data が読めないので、私がサボっているため進んでいない。

Absolute Vodka と Cointreau

cocktail10061.jpg
先日中国に行ったときに両替し過ぎて、元を余らせてしまい、空港の免税店を歩き回ってこれならと買った酒。
両方1Lで合わせて300元位。これなら、日本で買うよりは安いと思う。
Cointreau(コワントロー)はホワイトキュラソーだが、私はこれを使ったカクテルが好きだ。たまにバーに入ったりすると、せっかくなのでとこれを使ったカクテルを頼む。濃い酒と、コアントローとライムかレモンで作られたカクテル。ジン、テキーラ、ブランデーなど色々バリエイションは有るが、ウオツカで作る、バラライカと雪国がいい。
家ではもちろんシェーカー等は使わず、オンザロックスで作る。

BCGシフト

bcg10061.jpg
Belle のシフトには3種類有るが私がやるのはBCG。加速器コントロールルームにいて、Belleと加速器の間を取り持つ。加速器の状況をDAQ expertシフトに説明したり、Belleが不調なときに加速器の人に説明したりする。
DAQのシフトをやっている人の中にはBCGの方がDAQシフトより偉いと思っている人がいるらしく、ときどき訳のわからないことを言って来る。
例1
(DAQ)『Deadtime が100%なんですけどどうしたらいいですか?』
(私)『それを何とかするのがおまえの仕事やろ』
例2
(DAQ)『xxxがハングアップしてData とれなくなってしまったんですけど』
(私)『おまえがexpertやろ、そっちで何とかせえ、BCGはexpertとちゃう』
例3、深夜に
(DAQ)『xxxがおかしいんですけどyyyさんに電話した方がいいですかね』
(私)『電話せんとどうやってなおすねん』
。。。。
写真は加速器コントロール棟のBCGシフトの机の風景。巨大なアップルのdisplayに各種情報が表示されている。

パスタ ジェノヴェーゼ

pasta10061.jpg
バジリコのペストのパスタはときどき食べたくなるのだが、このペストに合う生のタリアテッレがつくばでは手に入らなかった。先日 iias に行ったとき農協の店で生パスタを売っているのを発見したので、バジルを買ってきて作ってみた。レシピ本とかwebサイトではフードプロセッサかブレンダーで作るように書かれているが私はすりばちで作る。鍋を火にかけてからでも間に合うくらいだから手間でもなんでもない。
- バジリコとイタリアンパセリは適当にちぎりすり鉢でする
- オリーブ油、松の実、ニンニク、を入れさらにする。
- ペコリーノロマーノのおろしたのを混ぜ、塩コショウで味付けする。
- 茹でた生タリアテッレを和え、オリーブ油をかける。

チーズは好みが有るようだが私はペコリーノが好きだ。ニンニクは入れ過ぎない方がいい。イタリアンパセリは無くても良い。

Powershot S90 入院

canon10061.jpg
Powershot S90 は気に入って使っていたのだが、故障しているようなので修理に出した。
電池の消耗が激しかったのだが、どうやら漏電しているようで、電池をいれたままにしておくとどんどん電池が無くなっていき、全く電源を入れなくても、およそ4日程で電池が空になる。別の電池に交換してもそうなので多分間違いない。
仕方なくサポートに電話したのだが、オペレーターは電池の持ちの質問には自然放電と説明せよと教育されているらしく、私の説明を聞き入れず、自然放電による現象だと繰り返すばかり。
直接修理を申し込んだ方が良いと思い銀座のキヤノンのサービスセンターに持ち込んで来た。症状を説明して、カメラを預け、手続きは終わり。故障内容には、
『充電した電池をカメラ内に入れて置くと4日間程で消耗してしまう。(セットの電池以外でも同様)』
と書かれている。
6月10日に完了予定なのだが、どうなるだろう?

メンテ日 宇宙線 トラブル続き

今日はメンテ日。いつものように宇宙線をとった。
Belleはトラブル続きで、今日また、ACCとKLMの電源が壊れた。ACCはスペアの無いHV電源のクレートが死んだかもと言うことでかなりビビったが、無事リカバーされた。もし死んでいたら全体の1/9が死ぬところだった。しかし、予備がない状態で走っているのは確かで、あと3週間と少し、無事を祈るばかり。幸いなことにECLは今のところ問題は無い。
加速器の方は全然luminosityが上がらず、絶好調のときの60%位しか行かない。
現在は1/fbずつ15点のenergy scanをやっているがまだ後12点残っている。このままのペースだと終わらない。

見学対応 岡山就実高校

kengaku10061.jpg
昨日の見学は岡山就実高校36名。修学旅行だそうだ。明治37年創立の名門だそうで元々は女子高だったらしいが今は共学のようだ。大した偶然でもないが私の出身校も明治の創立で元々女子高だ。
一部の積極的な人と大部分のあまり興味の無さそうな人といういつものパターン。積極的な人が女性に多いと言うのもいつものことだ。でも、全体の印象は悪くない。36人もいると移動だけでも時間がかかる。時間が短かったので説明が行き届かなくて、申し訳ない。

ラーメン 麺や蒼

aoi10061.jpg
蒼は竹園のトマトラーメンで有名なBen-Bellaの二軒となりに最近出来たラーメン屋で、桜の麺や武蒼の系列らしい。味噌ラーメン専門店だそうで、ラーメン750円を頼む。高い。
麺はタリアテッレと言う感じの太めの平打麺。スープは武蒼と同じ濃いトンコツスープに白?味噌の味がついている感じ。よって白味噌の味噌汁的にかなり甘い。あと、魚粉と具に辛い辣油みたいなのかかかっているのがアクセントになっているようだ。ちなみに京都では白味噌雑煮のアクセントにはカラシをいれる。
つゆは独特だが悪くない。麺も食べ応えが有って悪くない。でも、正直言って具が邪魔。韮とモヤシを炒めたものと、生タマネギのみじん切りと、白ネギの刻んだのが結構大量に乗っているのだが、正直、これら野菜を入れることによっておいしくなっているのかも怪しいし、少なくとも食べにくく、麺の食感は確実に悪くなっている。そして、食後はずっと、口がネギくさい。
と言うわけで二度目に行ったとき思い切って韮とモヤシを抜いてもらった。かなり怪訝な顔をされたが、わがままは聞き入れられた。だいぶ良くなったが、タマネギも抜いてもらうべきだった。
毎回わがままを言う勇気がないし、値段も高いので、あまり、足が伸びそうにない。

移転しました。

OPERA の First Tau Event

operafirstnutau.png
恥ずかしながら今朝まで知らなかったのだが、OPERAで最初の tau event が観測されたそうだ。そろそろ expect が 1 を越えそうだと聞いていたので時間の問題では有ったのだがめでたいことだ。
公開された event display を見る限りは tau -> nu_tau pi pi0 のように見える。emulsion の実験の場合 resolution が恐ろしくいいので、余り、event を間違ったりはしないだろうから、tau appearance があったというのは間違いないのだろう。ただ、これを物理量に直そうとすると、CNGS からの neutrino flux とか、OPERA detector の efficiency とかをちゃんと評価しないといけないし、なかなか、一筋縄では行かない気がする。
プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク