MPPC Meeting @ 浜松

hpk14121.jpg
測定器開発室活動が下火になって、まとまった形でのMPPCに関するミーティングも永らくやらなくなってしまったのだが、久しぶりに浜松ホトニクスに集まろうという呼びかけがあった。
私は、旅費がないので参加できないとあきらめていたのだが、心優しい京大の先生が出してくださって参加できた。感謝。
普段は市野の本社工場に集まるのだが、今回は皆さんの交通の便を考えてか浜松駅前の本社事務所の会議室。ユーザー側はKEKの副所長も含め約25人参加という大掛かりなものになった。
会議は前半が浜松ホトニクスによるデバイスについての解説。ここ何年かでAfterpulseが劇的に減り、Optical Crosstalkも Trench 構造の導入で減少し、Dark Noiseがかつての1/10位になっている。検出効率の方は、ノイズが減って電圧がかけられるようになった分上がったのに加えて、クエンチング抵抗に透過性のあるものを使うことにより格段に良くなり、50umピッチの製品で50%を超えている。加えてよくなっているのが紫外線領域の検出効率で少なくとも液体キセノンの185nmあたりだと30%を超えていてすごい。液体アルゴンの128nmの感度はまだ低いのだがARCコートの最適化で伸びる可能性がある。
ユーザー側からはセンサーに対するrequestが挙げられていくのだが、多いのは放射線耐性にかんするもの。最近は系統だてて調べていないので最新のセンサーに対して調べたほうがいいのではないかという雰囲気があった。かつてやったことだからノウハウはあるのでセンサーと線源に都合がつけばやりたいところだが、活動資金はゼロなので難しい。この辺、毎年科研費が通ればと思っているのだが、落選ばかりで無力感を感じざるを得ない。
もう一つは時間分解能や高レート耐性に対する要望で、速くてns程度の短いパルスにして、single photonで50ps位の分解能、10e8 cps程度の計数を行いたいという欲求があった。どちらも簡単な気はしないが。
久しぶりに皆さん一堂に会して有意義だったと思う。このくらいの頻度で1日のミーティングをやるのはいいかもしれない。休眠中の測定器開発室活動として呼びかけたらみなさん来てくれるだろうか?私がやるとKEKでやらざるを得ないわけだが。

データロガー納品

keysight14121.jpg
一月ほど前に注文していたデータロガーが届いた。基本的にはECLの"VME"クレート電源スイッチ/モニター用のものと同じもの。
ただ会社の名前が変わった。Agilentから測定器部門が分離してKeysightという会社になったらしい(写真右上)。
買ったのは、主には前と同じ34980Aメインフレーム二台とマルチプレクサ8台。メインフレームが25万でマルチプレクサが一台15万。なので、チャンネルあたりの単価は2800円くらいになる。私が見つけた中では一番安価だった。
メインフレームの一台はECLの環境モニターに使う。モニターするのはECLの温度と湿度、温度センサー3個と湿度センサー1個がセットになっていてこれがバレル72+エンドキャップ8x2で合計352ch。これを70ch マルチプレクサ8台で読むことになる。
もう一台はPhotodiodeバイアス電源のコントロールとモニター。バイアス電源はクレート毎に芋づるケーブルを使って供給しているのだが、ほとんど電流は流れないので現状8台の電源でタコ足配線している。この電源とクレートの間には電流をモニターする回路が挿入されていてPhotodiodeに流れる電流をモニターすることができるようになっていて、これを使って、放射線の量を概算している。現状は全体を16分割しかしていないのだが、それをもっと細かくすることを考えていて、現在はバレルを48(3x16)、エンドキャップを16分割(2x8)にして、それを16台の電源でまかなうことが提案されている。とすると、16ch分のスイッチモジュールと、48+16+16+16 = 96ch分のマルチプレクサが必要となる。具体的には32chスイッチモジュール一台と70chマルチプレクサ2台が必要。
写真左下はまた別の目的のデータロガーでこれは40ch位しかモニターできない。
右下は34980A用のラックマウントアダプタで只のL型の金属部品だが驚くことにこれが1.2万円もする。あまりにバカにしているので切れ気味にメーカーに文句を言ったが、価格は自分たちでは決められないと言われて埓が開かない。日本キーサイトは連絡役をしているだけのようで、商品について質問しても返事に一週間位かかる。最終的には個別でなく全体の値段からということで値引きを勝ち取ったのだが、まあ、すさまじい殿様商売もあるもんだ。
Keysightテクノロジー、あまり関わり合いにならない方が良さそうだ。

見学対応 ウィンターサイエンスキャンプ

kengaku14122.jpg
今年最後の見学はKEKウィンターサイエンスキャンプの皆様。
いつもと依頼の雰囲気が違うのは、広報を介さず企画課からきているからで、こういうときは得てしてうまくいかないことが多いので不安。スケジュールに無理があったり、変な注文がついたりする。この感じ覚えていると思って調べたら去年の見学も対応していた
参加している生徒さんと先生合わせて30人くらいで二班に分かれる。
私はいつものように展示室から。見学時間が30分しかないので説明は仕方なく飛ばし気味。F1に移動して説明しながらもう一班が上がってくるのを待ち、入れ替わりでB1へ。
昨年は40分あって放射線の手続きもしていたので下の方までお見せしたのだが、無理なので回廊のみ。何しろ時間が短いので説明もそこそこに一周して出て行く。それでも3分くらい時間超過してしまった。
サイエンスキャンプで3泊もKEKにいるのに加速器の見学は無し、筑波も30分では、一般の研修旅行より寂しい内容。見学するのが目的ではないのだろうが何とかならないものか?

Fuji Feather ギア比適切化 (3)

feather14122.jpg
左上は今回使ったパーツ。ロード系ということで薄刃で揃える。
PDC130のチェインリングでアウター44TというのはあまりないようなのでShimano 600用のインナー、ヤフオクで1500円くらい。スプロケットは薄刃(3/32")で18Tと言うのを探して見つけたバズーカ製のもの2000円くらい。写真右上は外した16Tのものと重ねた写真で、確かにこちらの方が薄い。クランクは赤い自転車についていた高級品ULTEGRA FC-6600でこれが手持ち唯一のPCD130のクランク。坂道用にコンパクトに換えて気に入っているのでもう使わない。BBは昔クランクをヤフオクで買ったときにおまけでついてきたものFC6600と書いてあるので古いULTEGRAグレードのものだと思われる。グリスの感じから見て新品。チェーンはシマノの7,8速用のもの。どうも11速のメカを出してからパーツの整理が始まっているようでいろいろなものの型番が変わっている。これは、CH-HG71というもの。とくにグレード表記は無いので汎用品ということか。1500円くらい。あと、対応するミッシングリンク。必要ないかとも思ったが、チェーンを洗いたくなることはあるので。
組つけは特に難しいことはなく適切にグリスを塗ってパーツをつけていけば30分とかからない。クランクまわりはホローテックだと六角レンチさえあればいいので非常に簡単。
最後にチェーンを適当な長さに切ってミッシングリンクでつなぎ、ホイールの位置を合わせて張り具合を決めて完成(写真した)。ロードっぽくなったがそれほど目立つ訳ではない。

Fuji Feather ギア比適切化 (2)

feather14121.jpg
44-18にギアを替えることを決め、ものも届いたので交換作業に移る。
フロントはチェインリングだけ換えれば良いのだがついでなのでクランクとBBをロード用にする。Webを見ているとシングルの自転車にはロード用のパーツはご法度みたいな感じで、これは、競輪からの影響かとも思えるのだがとりあえず私は気にしない。少なくともBBはロード用の方がメンテも簡単なので四角軸は駆逐したい。
クランクを外そうとして、キャップを外してコッタレスをつけようとしたのだが、私の工具の先端が広いタイプ(オクタリンク用か?)なのでうまくいかない。いちいち工具をちょっとずつ変えるのはやめにしてほしい。ちょっと考えて、小さいスペーサーをかませばいいことに気づき何とか外せた。
次はBB。BBの外し方にはコツかあってそれはBB外し工具をちゃんと固定すること。それには写真右上のような穴の開いたタイプのBBツールとワッシャー、外したてのクランクのキャップ部分を用意し、写真中段左のようにしっかりネジ止めする。これで力は確実にBBのワンに伝わるようになるので、後は適切なスパナでまわせばいいのだが、たいがいは非常に固い。そういうときは適切なパイプ(足場パイプ)を探してきてレバーアームを伸ばしてこの原理で回してやる。この方法になれてからはBBを外すのに困ったことはない。今回はグリスがたっぷり塗られていて割と簡単に緩んだ。
後輪の方はKEK自転車倶楽部長に工具を借りてロックリング(左下)とスプロケット(右下)を外す。ロックリングは割と簡単に緩んだが、スプロケットは固く、ハンマーの助けを借りることになった。
続く

Fuji Feather ギア比適切化

sprocket14121.gif
所内の移動に使っているFuji Feather。ギア比が適切でなく、重すぎて困っているので何とかする。
グラフは現在のAmpio(赤)、SG-Ex(青)、Feather(ピンク、Filled)のケイデンス85のときの速度。このとき25km/hくらいになるギアが一番使用頻度が高い。Ampio, SG-Exだとちょうど真ん中に来ているので適切だが、Featherだと30km/hを超えてる。赤い自転車でも白い自転車でも重いほうの二つのギアに入ることはKEK所内のような平地では皆無なので、明らかに重過ぎ。
Featherの三つの線は上から前が46T, 44T, 42T,X軸の3点は後ろが左から18T, 17T, 16T。これで見ると、軽いほうから 42-18、44-18、42-17、あたりが良さそう。Ampioの前は42Tなので42-17の組み合わせは18Tと並んでよく使う。44-18はそれらの間で42-17Tより少しだけ軽い。46-16からチェーンの長さもそれほど変わらないだろうし、これでいく。

Endcap 読み出しボード納品

belle14122.jpg
Belle2 ECL upgrade用のreadout boardの最後の納品があった。今年度の始めに政府調達してバレル部分が8月に届いていたので今回とどいたのはEndcap用の144枚。既に昨年度末に10枚買っていて合わせて154枚。必要数は144で残りは予備となる。
配達はいつものDHLで木箱に11個。大穂の実験室があっという間に一杯になった。大穂の実験室は空調が壊れていて修理の金もないので寒いのだが、今日は外がとても寒かったので温度差を鑑みて開梱するのは自重した。
今後開梱して中身をチェック。その後、テストベンチでテストすることになる。
検出器の方はロールインの直前まで富士に置かれたままなのでエレキの方を筑波にinstallするのをいつにするかはまだ決めていない。
とりあえず今年度最大の買い物は無事終了。ボードの大量生産もこれで終わり。肩の荷が下りて今年は終わった気分。

見学対応 韓国原子力医学院と釜山市職員

kengaku14121.jpg
今日の見学は珍しく国際連携推進室からの依頼で韓国の方々。聞けば重粒子を使った放射線治療をするFacilityのかたで、後で調べると韓国原子力医学院(KIRAMS)とその関連の方々。何でも釜山にそういうFacilityを作るそうだ。
KIRAMSの方はかつてアメリカのANL(Argonne)で原子核関連の研究をされていたそうで英語は少なくとも私より達者。残りの方は英語を解されないので、その方が通訳することになる。私としてはよくわかっている人に英語で話すと勝手に通訳してくれるので大変助かる。
見学のコースはいつもの通りやるのは難しいので、筑波実験棟のみ。加速器のトンネルも見学されたとのことで線量計もヘルメットももってらっしゃったのでB4フロアまではお連れした。韓国のInstituteの貢献がとても大きいことやECLのエレキを韓国で作っていることなどはお伝えしたのだが反応は鈍い。
英語のしゃべれなかった方々の反応のちょっとつまらなそうな感じが気になったが、いかんともし難い。

うなぎ うな天 浜松 とうなぎの刺身

hamamatsu14122.jpg
三食つきの研究会にいくと地のものを食べるのも難しいのだが、浜松といえばうなぎなので、初日すこし早めにつくように行って食べてきた。
私は蒸さずに焼く地焼き派なのだが、浜松のあたりがちょうど分水嶺になっていてこの辺を越えて西にくると地焼きが多くなってくる。浜松はまだ蒸し焼きの方が多いが、1/3くらいは地焼きだと思われる。
昔行った加和奈の印象が良かったので行きたかったのだが、浜松ではうなぎ屋は月曜日に休むのがスタンダードなようであいている店がほとんど無かった。
そんな中開いていたのがうな天。それなりに有名な店のようで結構繁盛していた。
接客してくれる店員さんは明らかに外国の女性で後で調べたらウクライナ人だそうだ。日本語が度を越えて丁寧でちょっと困る。頼んだのは一匹分のうな重上。3000円と高めだが、浜松においてはこの位が標準みたいだ。
注文を聞いてから裁くそうだが、地焼きなのでそれほど待たず、出てくるまで20分少々。蒸してないと関西風と言う人もいるようだが、写真のように蒸さない以外は関東風。背開きで、切ってから焼き、刻まずにでてくる。
うなぎはかなり柔らかいが地焼きらしい歯ごたえと弾力は残っていて大変おいしい。炭火で焼いているということだがカリッと香ばしい感じは余り無くて炭の香りがほのかに香る程度。タレは私の好みでは若干甘めだが問題ない程度。使っているうなぎがいいのだろうかうなぎ自体の味がとても良い気がした。大変結構。
 写真右は滞在中にWebで見つけた店で食べたうなぎの刺身。昔テレビで刺身はうまいが毒があると聞いていたのだが、店で売っているので大丈夫だろう。滅多に食べられるところが無い気がするのでこれも帰り際に頑張って食べてきた。薄造りだが、弾力がすごい。噛んでいると徐々にうなぎっぽい味がしてくる。なかなかにおいしい。

牡蠣カバ丼 松の家と浜寿し 館山寺温泉

hamamatsu14121.jpg
研究会の宿舎にパンフレットが置いてあって知ったのだが、牡蠣カバ丼というのを売り出しているらしい。
研究会は昼食付きだったのだが、買ってきた弁当で大したクォリティーでもなく、正直ありがた迷惑。ここみたいに近所に飲食店があるところなら、勝手に食べさせてほしい。
で、昼食のありふれた鶏肉弁当を遠慮して食べに行ったのが左の松の家という館山寺の門前通りにあるお店で牡蠣カバ丼ののぼりがたっている。本来はうなぎやふぐなどを食べさせるところだが、冬の間は牡蠣カバ丼も出すようだ。1620円と若干高いが他店もおよそこの値段。右側は研究会が終わって帰るときにたべたもので、浜寿しという松の家から50mと離れてないところにある店。こちらは1400円。
具は決まっているようでどちらも、浜名湖産の大粒の牡蠣が5個にこれも浜松産の玉ねぎと海苔。味付けはうなぎのタレ。牡蠣は大粒で非常に食べごたえがある。ただ、甘いうなぎのタレとの相性が良いかと言えばそれほどでもない気がする。玉ねぎの甘さも、タレの甘さを助長する感じで正直甘さしか残らない。
カキ自体はとてもおいしいので甘い味の苦手な私のような人向けに別の味付けも欲しい。

Flavor Physics Workshop 2014@浜名湖舘山寺温泉 (2)

fpws14122.jpg
Workshop は無事終わった。
最終日は疲れからか最初の講義に学生が少なかった。学生同士のコミュニケーションも大事だが旅費を出してもらっておいて寝坊して講義に遅れるのはよろしくない。
最後の講演はBelle2の新物理の話。風邪をひいて準備が十分でないという割にはなかなか熱の入った講演でポジティブな印象を学生さんに与えたのではないかと思う。大変良かった。感心。
Best Student Talk賞もあったのだが、候補者は5人しかいないので投票にする気にならなかった。上位二人の方が受賞されたようだが、2/5なので。
Workshop中は最終日を除いて天気は良かったので、会場のそばの舘山寺方面に行くこともできた。左上は浮御堂で、特に何の脈略もない観光施設だと思う。右上は舘山寺。漕洞宗らしいので本山は永平寺か?
寺の奥には大きな観音さんが立っていて、よく見ると顔が安倍晋三首相にそっくり。学生さんにみせたところかなり受けたので、誰が見ても似ていると思われる。少し奥には展望台があって富士山が見える。Nikon 1 S1 + 6.7-13mmしか持ってなかったので小さくしか写らなかった。
右下はホテル屋上の露天風呂からの景色。湯はカルキ臭がすごくて閉口したが、この露天風呂は朝入ると実に気持ちいい。二つの浴場があって男女入れ替わるのだが、何故か男は常に朝こちら側で夜は別の方。一日ごとの入れ替えにしてくれたらどちらも朝楽しめるのに。

Flavor Physics Workshop 2014@浜名湖舘山寺温泉


今年もFlavor Physics Workshopというのをやっている。
今年の幹事は首都大学なのだが、何故か場所は浜名湖の舘山寺温泉。よくある大型の温泉旅館。平日なのであまり宿泊客がいなくて会議に集中できる。会議室が面白くて写真左下のように畳の部屋に少し低い机と椅子を並べてやる。おそらく和式の宴会場とかねているのだと思う。
今年は参加者が少なくて40人はいないのではないだろうか?学生の少なさは致命的で、実験系は5人くらいしかいない(うち三人幹事)。正直Belle2の未来が危惧される事態になっている。実のところスタッフの参加の方も全然で、講演を頼まれて(不承不承?)やってきた人がほとんどで、そういうことと関係なく来た人はいないんじゃないだろうか?
去年はどうだったのかと思ってみてみたらやはり学生が少なかったと書いてある。心配だ
私は今日(3日目)にBelle2検出器の講演をやったが、聞いてくれる学生が少ないので今一つ気合が入らない。なるべく教育的内容にしようと思って頑張ったのだが、うまく通じたかどうか手応えがない。
明日最終日。

乾燥空気システム保守

belle14121.jpg
例年この時期にやっている乾燥空気システムの保守。
乾燥空気システムはコンプレッサー二台(左上)とドライヤー二台(右上)で運用されていて、それぞれ一台ずつ壊れても大丈夫なようになっている。
コンプレッサーは向かって右が新しく左が古い。左側はもう寿命がきているのだが、バックアップもあるので壊れるまで使うことにして保守はしていない。なので、右側だけ保守作業してもらう(左下)。壊れたら既に買ってある予備機に交換予定。
ドライヤーは二台あるうち奥側の一台から異音が発しているということで予備機と交換ということになった(右下)。来年度予算で予備機を買うことにしよう。
保守費用というのはバカにならなくて、一回3人日位と保守部品代かかるからそれなりの金がいる。これを二回くらいやると新しいコンプレッサーやドライヤーが買えてしまうのでやるべきかやらないべきか毎年迷う。
プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク