A. Gorlatch ピアノリサイタル 2012

gorlatch12111.jpg
例によって年に何度か耳をCalibrateするためにつくばコンサートに行ってきた。
演者はAlexej Gorlatch アレクセイゴルラッチさん。2010年12月にもつくばにきている。前日に思い立って切符を買いに行ったのだが案の定全然売れて無いようだった。私が買ったのは最後列の真ん中、B席2500円。東京に聞きにいくことを考えれば交通費より安い。これで、浜松のチャンピオンの演奏が聞けるのだから恵まれている。

Beethoven Sonata No.8 in C Minor 'Pathetique'
Beethoven Sonata No.14 in C-sharp Minor 'Moonlight'
-- intermission --
Beethoven Sonata No.17 in D Minor 'Tempest'
Beethoven Sonata No.31 in F-flat Major
-- Encores --
Chopin Mazurka No.47 Op.67-4 A Minor
Chopin Etude Op.10-4 A-sharp Minor
Chopin Waltz No.1 Op.E-flat Major

ベートーベンのソナタ4曲といういささかうんざりなプログラム。
Gorlatchさんの演奏は、前のときとあまり印象は変わってなくて、コントロールされた音色で絶対に汚い音は出さないという感じ。割とテンポは守る方で揺れは少なく、テクニックはあるので速く弾きがちなのだが、拍はあまり感じないので聞き取りにくい。例えば14番3楽章とか17番3楽章とか。8番ソナタの2楽章は端正で美しいメロディーなのだが、あまり、歌うという感じでなくここもするすると進んで行ってしまう。
私の好きな31番ソナタの3楽章、二回目のフーガの後、フィナーレに向けて盛り上がるところはベートーベンらしく格調高く弾いていただきたいのだが、あからさまにテンポが上がってしまった(気がした)のは残念だった。
アンコールはショパンを3曲。リラックスして弾くので、自由自在という感じで同じ人が弾いているとは思えないくらい。テクニックもあるし、指まわりも完璧だし、ベートーベンよりショパンとかドビュッシーとか方が向いている気がする。

例によって客の入りは残念で、一階の1/4位?は入っていたくらいで、200人くらいだろうか?これだったら、KEKコンサートの方が多いくらい。ピアノ音楽好きでコンサートに行くような人なら、2500円でこのレベルの演奏が聞けるなら見逃さない気がするので、つくばでピアの音楽好きという人はあまりいないということか?

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと
中村円眞堂@instagram

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク