ECLクレート据え付け (2)

belle1406c.jpg
先日の作業の続き。
今日はBelleとエレキハットの間の面倒なところから始める。
まずBelleとエレキハットの隙間を塞いでいる橋をクレーンで吊って外す(左上)。するとクレートを入れようとするところに足場パイプで作った梯子がかかっている(右上)のでこれもクレーンで吊って外す。するとようやくラックが露出する(左中)ので、今度はクレートをクレーンで吊っておろし(右中)、設置する。大変面倒くさい。
これが終れば後はそれほど困難なところは無いので順調に進み、午後の半分位を残して、設置は『ほぼ』終った(左下)。『ほぼ』と書いたのはクレートが52台必要なところ50台しかなかったからで、私がB2に置いてる他、富士か大穂に置いてあるのだろう。取り敢えず、この夏必要なBarrel部分はすべて設置し、Endcapの比較的設置しやすいところを残しておいた。
横ではロシアの人がケーブルをつなぎ始めていて、つなぎ終ったクレートもずいぶんある。右下はそうしたクレートの一台なのだが、残念なことにEndcap用のクレートとBarrel用のクレートを上下間違っていた。ケーブルの長さが足りているからいい、と助言したのだが、真面目にリーダーに相談したところ却下され繋ぎなおしになった。かわいそうに。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと
中村円眞堂@instagram

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク