NDIP 2014 @ Tours (1)

ndip14071.jpg
NDIP (New Development In Photodetection) という会議に出るためFranceはTours(トゥール)に来ている。
NDIPはかつてBeaune Conferenceと呼ばれていたもので、光検出器全般について議論される。かつてはBeaune固定だったのだが、前々回からフランス国内を移動することになった。私は測定器開発室活動をするようになってから参加していてAix-Les-Bains, Lyonに次いで三度目。
Toursはパリから南西に200km位のところにあってロワール地方の中心都市。パリから飛行機で行くには近すぎるのでTGV(左上)で移動。TGVは多分Clermont-Ferran以来で久しぶりだが、路線が平らで真っ直ぐだからだろうが静かで乗り心地も良く、とても速い。GPSによると大部分を290km/hで走り、Paris-Montparnasse から Tour まで80分位。
ToursもMontparnasse駅もTerminal駅なので阪急梅田駅みたいで、表現が変だが駅っぽくてよい。
会場の会議場はToursの駅(右上)を出た目の前で電光掲示板にConference名が表示されているので迷わない(左下)。会場は結構モダンな建物でそれなりに大きいものだが我々の会議はそれほど規模が大きくない(150人くらい)ので小さい会場を使う(右下)。
これから、5日間、講演はすべてPrenalyで日本からの参加者も結構いる(10人くらい)。私はポスター発表。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク