窒素とマルチプレクサ

belle14075.jpg
作業していたら納品があった。
一つは窒素(左)で毎年お馴染み停電の準備。筑波に6本、富士に2本。かつてはわざわざ空気を買っていたのだが窒素の方が安いので最近は窒素。今年は一本3000円。
右はAgilentのDatalogger34980A用のマルチプレクサモジュール(34924A)7台。このモジュール一台で70ch接続できるので合計490ch。一台16万なので、チャンネル単価は2.3k円位。これに52台のクレートからそれぞれ8種類の信号をモニターする。つまり416ch。9x52でも468chなので無理すればもう一種類いける。
左の写真の左側に乗っているのは34980Aを19インチラックに取り付けるためのアダプタで、工業プラスティックせいの小さな部品にネジがついているだけの物だが、これが9200円もする。おそらく製造原価30円くらいだ。計測器機メーカーの殿様商売ぶりが際立ち頭にくる。この他にも前面だけだと強度が弱いとアルミLアングル二個6500円と取り付けるためのラックピス10個540円も買わされそうになったが断った。穴の開いたアルミのLアングルなど500円も出せば手に入るし、ラックビスは回路倉庫から出庫すれば一個5円だ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク