ECLクレートSCケーブル

belle1407c.jpg
先日の作業で、ECLのクレートのSlow Control(SC)用ケーブルは設置されたのだが、52本のケーブルとData Loggerをつなぐためのパッチパネルは予算の執行を止められている現状ではしばらく出来そうに無い。しかし、宇宙線のデータをとるのにもとりあえずは必要だろうということでバレル用の36台をuglyでもいいので接続する事にする。
手持ちの機器はswitchが64ch分とマルチプレクサが70ch分。36台のクレートの電源スイッチをSwitch moduleにつないで、70chあるマルチプレクサのうち36chで電源が入っている事がわかるように+15Vをモニターし、残る34chで34台分の温度をモニターする事にする。
左上は材料で、Dsub25のコネクタ36個と、色違いのレイテン線。
50cmに切りそろえて、被覆を剥き(右上)、コネクタの相当するピンにハンダ付け(左下)。ちゃんと動作するか一度つないで確かめて(右下)、動いたので残りを作る。
なかなかに面倒くさい単純作業だが仕方ない。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと
中村円眞堂@instagram

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク