ECL Barrel Readout Board 最後の納品

belle14082.jpg
今年度早々入札で発注した、ECLの読み出しボードのうちバレル用の分が納品された。今回は48枚で12枚ずつ箱に詰められてきて、合計4箱。大穂の実験室の空調が壊れているが、直すのに350万かかると言われ、とても払えないから今はサウナ状態で働けないので、筑波でテストすることしてこっちに運んでもらった。ボードのテストは今やろうとしている宇宙線のテストが終ってからになるのではないかと思う。
これでバレル用のボードは全部揃った。昨年度末に納品された280枚とその前年の100枚、その前に試作として作った12枚と合わせて440枚。必要なのは12x36で432枚。残りの8枚が予備ということになる。
Endcap用のボードの製作も予定通りだそうで、納品は年末の予定なのだが、もし遅れても年度内に納品されれば問題無い。
右下は分納されていた芋づるケーブルの残り45本。テストの方を急ぐかとわざわざ10本先に納品してもらったのだが、そこまで作業は進んでいないようだ。ファイバーをはるのを6月中にしろといわれて、7月中だと言ったら文句をいわれたのに、張り終えて10日以上たつが、何も接続されず、テストも始まらない。この分だとお盆明けになりそうだ。予想していたことだがいいかげんな予定を立てて文句つけるのは勘弁していただきたいものだ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと
中村円眞堂@instagram

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク