ベイクトチーズケーキ

cook14081.jpg
2009年のサマーチャレンジを手伝ったとき学生さんに差し入れたのを思い出して今年も作ってみた。
ベークドチーズケーキ(baked cheese cake)は簡単なので忙しいときには都合がいいのだが、簡単過ぎて作る楽しみは今ひとつ。2009年に作ったとき、かつて良く作ったシンプルなレシピをwebで探すのにえらく苦労したのだが、苦労して探し出したページにのっていたレシピがPhiladelphaクリームチーズのパッケージに書かれていたのと同じだったのを覚えていたのでチーズを買ってそれを見て作る。
写真左が主な材料で、メインはフィラデルフィアクリームチーズと卵と生クリーム。バターとチョコレートクッキーは台に使う。
クッキーを袋に入れて叩いて潰し、チョコレートの多い部分をボールに入れバターとともに湯せんしてからケーキ型に敷き詰め、予熱してあるオーブンに少し入れて固めておく。
チーズケーキ部分の材料はレシピに載っているとおりに混ぜて、ケーキ型に流してレシピ通り4-50分焼けば完成。メレンゲや生クリームを立てたり泡を潰さないよう混ぜたりということもなく単に混ぜるだけなのでひどく簡単。
私の好みで砂糖は20%位減らし、レモンは倍位入れる。
台のクッキー部分がうまく固まってなくてボロボロすることが多いのだが今回はうまく固まってくれた。上の部分はたいしたものでは無いので普通のチーズケーキの味。
時間に余裕があればブルーベリーソースを作りたかったのだがさすがに無理だった。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと
中村円眞堂@instagram

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク