佐賀市で見たもの

sagatour14091.jpg
佐賀では泊まったホテルで自転車を貸してくれたので移動が楽で助かった。佐賀の街は筑後川の三角州とその埋立地みたいなものだから坂もなく自転車移動が適している。おかげで休み時間や大学に通う時に街を見て回れた。
佐賀といえばまずは佐賀城なのだが、天守閣は享保年間に火災で焼けて以来再建されていないそうで天主台だけが残っている(上左)。この天主台、本丸から一旦門を出ないと登れない変わった構造。天守が無い代わりに本丸が復元(一部本物)されていて(上中)、一番奥には鍋島直正(閑叟)の居室(上右)が当時のまま残っている。この本丸、本物も残っていてかなり素晴らしいと思うのだがあまり宣伝されていなくて、閑散としているのが寂しい。
写真中段左は旧長崎街道にある鋸状の街並みだそうで、はじめ屋根が鋸状になっているのかと思っていたのだが、違って、家が道に対してすこし角度を持って建てられている。そう思って軒先を見ていたら側溝の蓋の模様も鋸状だった(中右)。ちなみにマンホールの蓋にはムツゴロウ(中段中)。
下段左は築地反射炉跡地として日新小学校のそばに建てられた日本初の反射炉の模型。昔読んだ司馬遼太郎の小説に書かれていたが、この辺で大砲が作られていたらしい。
下段中は大学のすぐそばにある与賀神社入り口に立つ鳥居。肥前鳥居といって石造りで独特の形をしている。ここ以外にも、伊勢神社、佐賀八幡宮、本庄神社など少し走っただけでいくつも見かける。
下段右は佐賀城の東側にある大隈重信記念館(生誕の地)。もともと佐賀藩士で総理大臣になり早稲田大学を興した。学会にきていた早稲田の人たちに見に行くよう薦めておいたが行っただろうか?
目玉は無いかもしれないが、昔栄えた街なので探せば見るものはまだまだありそう。若者受けはしなさそうだが。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと
中村円眞堂@instagram

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク