佐賀で食べたもの (1)


佐賀で食べたもの。
学会の夜は珍しく誘いがかかることが多く、何度か夕食を食べに行った。
佐賀県の食べ物と言えば名物は呼子のいか(左上)だと思うのだが、呼子は玄界灘、こっちは有明ということで文化的にはあまりつながりが無い気がする。例えるなら、丹後の間人蟹は京都府の食べ物としては有名だが、京都市で食べるかといえばそうではない。そういうことは置いておいてやりいかの活き造りはおいしい。コリコリしているだけで旨味が無いとかいう人がいるが、旨味だけがおいしさではない。身を食べると残りを調理してくれる。天ぷらにする人が多かったが造りにしてもらった。ゲソを食べると吸盤がまだ活動していてひっつく。
有明の魚介を出す店にも行くことができて、まず食べたのは、有明といえばムツゴロウ(右上)。やはり活き造りで箸でつつくと口がパクパクする。白身でヤワめ。おいしい。
左下はクチゾコとかクツゾコとか呼ばれる舌平目の炊いたん。右下は珍味?三種。左下の貝はメカジャというらしい。右下はイソギンチャクの味噌煮。弾力のある貝の身で噛むと少しヌルヌルしたミソ?が出てくる。おいしい。
佐賀は米どころということもあって、佐賀の日本酒はたくさんあったが焼酎はあまり作られていないようだった。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク