ラーメン 良温 (ra-on) 土浦

food14092.jpg
良温 ra-on (らおん?) は土浦一高のもう少し北、ドンキホーテの向かいにあるラーメン屋。人気店らしいので出島方面に走りに行ったときに寄ってみた。
開店直後に入ったのだが私は2人目。カウンター6-7席と奥に4人掛けのテーブルが一つ。店に入るとメニューには3種類のラーメンしかないのだが、壁に何種類も張ってあって迷う。ただ、どういうものか説明はちゃんと書いてある。メニューに載っている煮干しラーメン(750円)の麺を手もみに買えたものを頼む。850円+大盛100円とかなり高い(麺は多かったが)。
麺は平打ちを揉んだもので喜多方のラーメンみたいな感じ。太めでかなりの歯ごたえがある。使っている醤油のせいか茶色いスープはとても塩辛い。どうも、煮干しラーメンは塩辛く味付けるもののようで、今まで食べた大部分の店で塩(または醤油)辛すぎて困った。煮干し自体に塩味があるのに、濃い醤油ダレなんだから辛くなるのは当たり前か。
食べ終わったころには店も一杯になって外に待つ人が出ていた。それもそのはずで、最近よくある作り手本位系の店だから種類が多く丁寧に作るので、出来上がるまで結構時間がかかる。一度に二杯しか作らないしそれに約5分かかるので店に10人入れば全員分配膳するのに25分かかる計算。食べる方はそんなにかからないから、完全に作る方で律速している。
だから、席数を少なくしているのだろう。そういう意味でバランスはとれている。
食べるまでの時間は人数かける2.5分。外に待っているとき平均中で6人待っていると思えば外待ちの人数+6に2.5分を掛ければ食べられるまでの時間になる。20分しか待ちたくなければ、外待ちが3人以上いるときは止めた方がいいという計算。

コメント

非公開コメント

美味しそう!

味が辛い分、ライスの別注文で

食が更に進みそうですね!

美味しそうなラーメン画像

ごちそうさまでした!
プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク