自転車手入れ

bike14101.jpg
今年からKEKにきた素核研広報の人が自転車乗りで、ホイールを替えるので手伝ってくれと言うので気軽に引き受けた。
ホイールを替えるといえば、タイヤ、チューブ、スプロケットを外し付け替えればいいだけなので、1時間もあれば出きるかと思って始めたが大変だった。
まず、ついでなのでチェーンを洗えばといって始めたらものすごい汚れ方で全然終わらない。次にスプロケットを外して付け替えようとしたらスプロケットの汚れもたいしたもので、全ての歯に油で固められたゴミが固着していてひどいことになっていてパーツクリーナーを吹きつける位ではびくともしない。それを綺麗にしてもらっているうちにディレイラーを見るとプーリーに同じようにゴミが固着していている(右上)。チェインリングも同様(左下)で綺麗にするのに苦労する。
何とか綺麗にして組み上げたのが後輪ギア付近が右下。かなり苦労して掃除していたがまだ全然綺麗ではない。これはブレーキもダメだろうなと思っていたら案の定シューの取り付けが無茶苦茶。左上は前輪のシューだが斜めを向いていて半分くらいリムに当たっていない。どちらもセンターが出てなくて片ぎきしているのですり減り方が変でまともにブレーキが効いていたのか良くわからない。
とりあえず全て調整し、注油も終わり、乗れるようになるのに3時間もかかってしまった。試し乗りしてもらったら、良くなったというのでちょっと乗せてもらったが、ペダルを漕ぐと滑らかさが無い。私の自転車の調子の悪いときよりも悪い。
聞けば、買って一度も整備も掃除もしていないそうで、ちょっと呆れたのだが、普通の人ってこんなものなのだろうか?

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと
中村円眞堂@instagram

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク