薬王院からユースホステル跡へ

tsukuba14111.jpg
つくし湖の東岸にある参道の入り口(一段目左)から8%位の坂を100m程登って薬王院(一段目右)に。
薬王院は8世紀末に建てられたそうで、今ある建物も本堂1680年三重塔1704年とかなり古く見た目も大変立派。それなりの観光資源だと思われるがまったくそういうアピールはなされていない。
そこから筑波の梅園の方に抜けようと思って走っていて、途中で左に折れると旧ユースホステル跡にいけることを思い出し行ってみた。この折れた跡何百メートルかだけ悪路で舗装がはげている(二段目左)がすぐに綺麗になり、しばらく行くと林道鬼ケ作線にでる。この間平均8%位の傾斜。林道に出てしばらくはしると平坦な部分も出てくるが、真壁の方へ降りるT字路を過ぎると10%を越える急坂がでてきて、舗装がところどころ洗濯板みたいなコンクリートなものになる。しばらくすると男の川(おのがわ、二段目右)があり、さらに頑張って登ると、キャンプ場を経て湯袋の方に行く道と分かれる(三段目左)。ここからもかなりの急坂を頑張って登るとようやく筑波ユースホステル跡地(三段目右)。ここの標高が555m位あってつつじヶ丘よりも少し高い。
薬王院参道入り口から約7.7kmで500m登り、平均斜度は6.5%。私の脚で参道入り口から1時間くらいなので普通の人は30-40分で登れるだろう。
ここは筑波山への登り口になっていて(四段目左)山頂(御幸ケ原?)まで1.2kmらしい。ユースホステル跡は駐車場のようになっていて登山客が車を駐めている。休憩用のベンチは真壁石だと思うのだが、地震のせいか使い物にならないくらい歪んでいる。
帰りは最初に左に折れたところに戻って梅園の方に、ここも5-6%位の上り坂で100m位登る。梅園から筑波山神社の鳥居の方に出て、後は筑波道を下りる。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク