Vプレミアリーグ開幕戦 東京体育館

vleague14111.jpg
土曜日は東京体育館にVプレミアリーグ女子の開幕戦を見に行っていた。
東京体育館はとても広いので、3階席だと席を見つけるのには不自由が無いし、つくばからだと行くのも簡単。
開場が10:30で試合開始が12:10。通常試合の1時間前位に行くことにしているので11時頃入場。するとほどなく開会式が始まったまったく知らなかったが土日4試合でプレミアリーグ全8チームが戦うため全員参加ということらしい。高校野球みたいに入場行進する。右上の写真は昨年優勝久光の座安主将による選手宣誓。
第一試合はデンソー対岡山。デンソーの戦術がおもしろくてブロッカー1人、セッター2人、スパイカー3人という体制。一体どうなっているのか分からなくてそればっかり見てしまった。このセッター2人のうちの鍋谷友理枝さんというのが凄くて、2人セッターの片割れなのだが、サーブのキャッチもやる(その時はもう1人の鈴木さんがセットアップするから前衛がセッターの時もある)。そして前衛に回ってくるとセンターでクイックを打ったりウイングスパイカーになったりと何でもやっちゃう。これでやってないのはバックアタックだけだなと思って見ていたらバックアタックも二本打って究極のマルチプレイヤー。二セット目はこの鍋谷さんがポジションごとに何をやるのかを追うだけで終わってしまった。なかなか見ていて楽しい。写真左中はその鍋谷さんがライトウイングからスパイクを打ったところ。その変わった戦法とは関係なく真っ当なスタイルで戦った岡山のストレート勝ち。
第二試合は久光と東レ。久光には長岡さん、新鍋さん、石井さん、岩坂さん。東レには中道さん、高田さん、木村さん、迫田さんと今の全日本を二つに分けたような試合。きっと下手な国際試合よりレベルが高い。実際フルセットの熱戦で非常に盛り上がったのだが久光の方に大事なところでのミスが目立った気がした。長岡さんは例によって大事なところでスパイクアウトし、新鍋さんは無理な態勢から打って自滅すること数度。ファイナルセット、最後の大事なところで東レは木村さんが交代し、さらに二枚替えで中道さん迫田さんも下がってしまい頼りになる選手がいなくなってしまった。大丈夫かと思ってみていたら案の追いつかれてしまい、慌てて二枚替えを元にもどしたが流れを停められず負けてしまった。中右は日本復帰した木村さんがスパイクを打つところ。
下段は迫田さん。例によって迫田さんのスパイクは明らかに他の人とは違い、彼女が豪快に打つと会場がどよめく。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと
中村円眞堂@instagram

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク