プロジェクターランプ LMP-F270

lamp15011.jpg
先日325でやっているミーティングに行ったらプロジェクターのランプの寿命がきているから交換せよというメッセージが出ていた。経験があるが、ランプは急に切れるし、Murphy's Law により重要な局面で起こりがち。なので、備えあれば憂いなしということであらかじめ買っておくことになった。
プロジェクターはSONYのVPL-FX40というXGAのかなり明るいプロジェクターで2009年に買ったものだと思われる。ランプを探したところLMP-F270というのが相当し、定価48000円+税。出入りの業者に見積りを頼むと税込み4.1万。普通のKEK職員なら買ってしまうだろうが、私は小市民なので、高いなーと思ってWebを探してみるととても安いのがある。きっと互換品だろうなと思いつつも、SONYと陽に書かれているところから買ってみたのがこれ。非常に安くて一個13000円。222でも同時に買った同じプロジェクターを使っているので二台分。
業者の人によると、在庫整理だと思うとのことなのだが、箱にはどこにもSONYの文字は無し。ランプ自体にもどこにもSONYとは書かれていない。
1/4の値段なので2年持てば元はとれる訳だが、果たして良い買い物だったのか、安物買いの銭失いなのか?

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク