ECLクレート電源S/C用パッチパネル納品

belle15011.jpg
ECLの"VME"クレートの電源をコントロールしてモニターするためのケーブルは既にクレート側には接続されていてエレキハットの二階に引いてあるのだが、その先はとりあえずスイッチと一部の温度計だけが接続された状態になっている。
それを、ちゃんとつなぐためのパッチパネルの『部品』が届いた。完成品じゃなくて部品なのには訳ががあるのだがそれは組み立て時に。データロガー側のコネクターにケーブルがつないだ状態になっていて反対側にはpinがつけられた状態になっている。これをケーブル側のD-sub25のコネクタにさしていく。データロガーの方のコネクタがあまり一般的でないDsub78ピンなので売ってなくて結構な時間とお金がかかっている。
これを組み立てて線をつながないといけないのだが、それをいつどうやってやるか考えないと。私には学生はいないし、他所様の大学の学生につまらない作業はさせられないから、きっと、一人寂しく線をつなぐことになるのだろう。1000本くらいのことなので修行と思えば何とかなるか。目標は年度内完成。

写真の右は大穂実験棟に並べられているチェックが終わったエンドキャップのボード。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと
中村円眞堂@instagram

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク