20th Belle2 General Meeting (1)

belle15021.jpg
今日からB2GM。今回は変則的なスケジュールで4日間なのだが、明日から3日間小林ホールが取れなかったそうで水木と休みが入る。
最初のセッションはスケジュールの話、お金の話、加速器の話。
来年度予算は文科省から出た段階でもう不足していたので十分ではないそうなのだが、何とかやりくりすると、来年度中にPhase1が始められるそうだ。つまり、前回のB2GMで話されていたのと同じ。最新のスケジュールによると、Endcap ECLを筑波に持ってくるのが来年の5月頃、Installが8月頃、ロールインは12月頃。Phase2は2017年5月、Phase3(物理)は2018年の夏休み明けだそうだ。
初日のPlenaryは短くてすぐにパラレル。ECLは今日で11時から昼休みを挟んで19時頃まで長い長いミーティングだった。ReadoutのUpgradeの方は、まあ、順調に進んでいるようで、宇宙線を使ってコミッショニングが進んでいる。マイナーな問題はあるようだが物理が始まるまでは、まだ3年あるのでそれほど心配する必要はない。トリガーの方は進捗ははかばかしくなくて、まだ、アルゴリズムのテストが終わっていない。これが終わらないと量産が始められない。ちょっと心配している。
後半はEndcap Upgradeの話で、一番盛り上がったのは、Pure CsIの読出しにWLSを使うstudy。300nmの光を黄色に変換すると、APDのQEのいいところで使えるので信号が倍くらいになるそうだ。WLSの変換効率は100%ではないし、発光は等方的だからQEが少しくらい良くても結局はそれほど得しないと思っていたのだが、APDの紫外線への検出効率が思ったより低かったようだ。これでAPDを使ってもノイズレベルは500keV位になる。もっとも中性子のダメージでノイズはすぐに増えてしまうのでそっち方面のテストをちゃんとやらないといけないが。
明日は一日パラレル。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク