Beamtest @ 大阪大 (3)

osaka15023.jpg
Beamがでて二日目。
朝来ると、それぞれの検出器単独ではそれなりに順調にデータは採れていたようで、いよいよシリコン4層からなるビームモニター部分とメインのSOIセンサーを同時に協調させて採ることになった。
独立な検出器の協調のさせ方はいろいろあるのだが、最近は共通のトリガーを配ったら、それぞれの検出器がビジーを出して新たなトリガーを禁止し、共通のカウンターからイベント番号をもらって別々に記録しておき後でデータを付き合わせると言う手法をとる。
いざ、トリガーを共通にしてビジーの処理をするようにすると、どこかでビジーがクリアされなくてDAQが止まってしまったり、あるいは共通のトリガーを配っているはずなのにとれたEvent数が極端に違ったり、共通のカウンターからもらっているはずのイベント番号が全然一致しなかったりといろいろ問題が起きる。
どうもビジーの処理がうまく行っていないということになって、入域し、オシロを使ってタイミングを確かめる(右上)。いろいろやったところトリガーカウンターからの信号が短すぎて、トリガーの処理がされない問題があることがわかり、トリガー信号の幅を広げると安定にデータがとれるようになった。
これで、一応それなりに安定してデータがとれるようになったので粛々とデータをとることとなり、私は用済みとなった。(それまで用があったのかというのも怪しいが)
左下は、今回テストしようとしていた二種類のセンサーのうちの一つでPIXORというもの。うまくいけばBelle2に入れようかという検出器なのだが、事前の準備が足りなくてテスト出来なかった。
右下は万博記念公園の太陽の塔。暇な時250円払って見物してきた。とてもシュールだが、すごい存在感なのも確か。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと
中村円眞堂@instagram

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク