カロリメター研究会@東北大ELPH (2)


二日目はBelle2のカロリメターから始まってLHCfまでいろいろな実験で使われているカロリメターの話。
色々なカロリメターがあるが、それほどアグレッシブに新しいアイディアで作られているわけではなく、既存のいろいろな種類のカロリメターから実験に適したものを選んでアダプトするという感じで、苦労話ももちろんあるのだがそれも、改めて聞いてみると特に珍しい話ではなく、世の中の誰かが既に解決しているような問題。たとえば、温度が思ったり変化してゲインが変わるとか、放射線損傷で光量が変わるとか。。。。きっとこれからも同じような問題が同じように起こるのだろう。
写真左上は研究会の会場、傾斜もあって見やすい。右上は研究所の周りにご飯を食べるところがないということで二日目の昼食に出された『利久』の牛たん弁当(1200円)。東北大核理研があるのは旧陸軍の学校跡地で、半分くらいは三神峯公園という公園になっていて左下のように立派な桜がたくさんある。桜は4月末だそうでその頃にはさぞかし立派だろうと思われる。
右下は懇親会の時に見せてもらったSrI2結晶シンチレーター。潮解性があるのでケースに入っているが光量はLaBr3(Ce)と同じくらいある。紫外線を当てるときれいに光るらしいのだがブラックライトを忘れたそうで見られなかった。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと
中村円眞堂@instagram

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク