バッグ Timbuk2 Snoop Camera Messenger Bag M

timbuk15041.jpg
Timbuk2のclassic messenger bagは自転車に乗る時用にSを買って気に入り、普段使い用に近所の自転車屋で大安売しているときにMを買い増した。
今回買ったのはmessenger bagの中のSnoop Cemera Messenger Bag Mというもの。アマゾンで1.3万くらい。元々2万くらいで売られていたのだが、急に値が下がった。Timbuk2のweb siteにも変化があったので日本での取扱い店が変わったのかもしれない。
見た目はMサイズのClassic Messenger Bagと変わらないが、中にカメラ用のクッション付きインサートが入っていてカメラバッグとして使えるようになっている。結構大きいのでこの状態で、標準ズーム付きのD600と80-200mm F2.8, 18-35mm, それに laptop パソコンくらいは余裕を持って入る。試しにこのインサートをClassicのMに入れてみるとぴったりフィットしたのでバッグとしての大きさはほぼ同じ。
底にはストラップがついていて三脚を縛り付けられる。
Classicとくらべると、ストラップがやわくふにゃふにゃだが、肩パッドは少し大きくクッション性の良い物がついている。今は普段使いとして使っているが、インサートがあまりにピッタリしすぎていて他の物が入れにくいので取り外し、エツミのクッションボックスLを入れて使っている。クロスストラップはついているがストラップがやわいので自転車でヘビーに使うのには向いていないと思う。一番重要な違いは写真右下に写っているClassicにはついていないしっかりしたハンドルで日常使いだととても便利。
 

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク