Fuji Feather ハンドル交換

bike15041.jpg
このところ週末の天気が悪くて走りにいけない。こういうときは自転車いじりに限るので赤い自転車のチェーンを洗った後、Fuji Featherのハンドルを交換する。Feather についていたハンドルバーはピスト用の下ハンしか持たない用途のもので使いにくい。で、ブルホーンにしようと思ったのだが、シルバーで26.0mmクランプ向けでドロップの無いブルホーンバーが売っていない。仕方ないのでよくやられるようにドロップバーを買って切ることにした。
写真左上がFeatherについていたものとヤフオクで買ったドロップバーの比較。これを反対向けに取り付けて、ちょうどいいところに印をつけパイプカッターできる。パイプが真円で無いので変なかんじだったが何とか切り落とせた(左中)。バーテープを巻いてもいいのだが今回はネオプレーン素材のグリップにしてみた。Bazooka フリーグリップ(右中)というもので、50cmあるので半分に切ってグリグリとかぶせていく。
下段が作業終了時のハンドルバー。しばらくこれでいってみて、問題無いようだったら赤い自転車もこのやり方でブルホーンにしてみよう。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと
中村円眞堂@instagram

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク