セミナー SeGe Technology による ASIC

seminar15041.jpg
昨日あった測定器開発室セミナー。
いつもお世話になっているフランスのASICを作っている人が、ILCのミーティングでKEKに来ているのでセミナーをしてもらった(写真上段)。せっかくのセミナーだが出席者は知っている人ばかり、例によってKEKの人々の自分以外の活動への興味の無さを思い知ることになる。Belleからは一人の参加者もなし。
彼らのASICはSiGeの0.35umプロセスで作られている。SiGeは普通のCMOSよりmobilityが高いので高速なアナログ回路を低消費電力で作れるのが利点だそうだ。
我々が使っているEASIROC。その改良版のCITIROC。それを時間分解能に特化したPETIROC/TRIROCなど最近開発されたASICの説明があった。
しかし、時代の波には逆らえず、CMOSだと65nmプロセスルールなのでDigital回路の集積度や速度では太刀打ちできない。で、最近ヨーロッパでAIDA2020という活動を始めて、130/180nmのSiGeプロセスに移行する準備をしているそうだ。

写真下段は今KEKでやっているALCWと言うワークショップ。アジアのLCワークショップなのだが、Agendaを見ていたら昔一緒に実験をやっていた人の名前を何人か発見したので覗いてきた。LC用のCalorimeterのテストビームの解析の話をやっていて、Systematic Uncertaintyの項目が20個くらいあり、一つずつ議論をしているのに驚いた。
今日は東京で政治家を交えたイベントをやっているそうで、明日また再会される。別の昔の知り合いも発表するようなので見にいくか?

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク