トルクレンチ Lifeline Essential

bike15042.jpg
自転車をいじるときネジを締めるのだがshimanoの取説にはちゃんとトルクが指定されている。今までは無視して適当に緩めに締めてきた。
トルクレンチは大穂実験棟を探せば転がっているのだが、おそらく自転車向けの低トルクを指定できない。
で、買ってみたのが Lifeline Essential Torque Wrench。Wiggleで24GBPだったので4500円くらい。実物を見るとAmazonで売っているグランジのコンパクトトルクレンチとそっくりなので同じものかもしれない。
1/4インチで自転車でよく使う六角レンチのビットがセットになっていてお買い得。トルクの指定範囲は2-24Nm。ハンドルを回して設定する。
SPDサンダルのネジが一ついつの間にか外れていて交換用のネジを買っておいたのを思い出し試しに締めてみた。指定は5-6Nmなのでそのように指定して締めてみたが全然手応えが無いまま締まってしまう。
これはおかしいと思いどうでもいいネジでトルクを変えながら試してみたところ、軽いクリック音とともにヘッドの部分が『く』の字に折れることを確認した。どうも、どこかが固着していたようで、以降軽いトルクでもちゃんと動作するようになった。今後は本番前の動作確認をした方が良さそうだ。
改めてSPDのクリートのネジを締めてみると、5Nmだと本当に軽くて、今までは間違いなく強く締めすぎていた。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと
中村円眞堂@instagram

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク