SG-Ex FD交換

bike15052.jpg
もう一つはFD交換。フロントのギアを変えるのはあまりしないし、変速の速さなどはむしろチェインリングの方によっていてメカとしても大したことは無いので正直どうでもいいのだが、赤い自転車のコンポーネントがほぼ全て6600ULTEGRAになっているのでFDも合わせることにした。
買ったのはバンド式のFD-6600の新品。ヤフオクで2500円。バンド部分がグロッシーグレーでちょっと残念だったのだが気にしない事にする。
SG-Exから外したもの(Sora か Tiagra グレード、FD-440?)と比べると微妙に違うがそっくり。写真右上は左から SG-Exについていたもの、FD-6600、FD-7700で計ると111g, 109g(sim込み), 80gと7700 Dura-Aceだけが圧倒的に軽い。
取り替えはトリビアルで、新品だとチェインリングとの隙間の目安がついてるので簡単。残念なのは付属のsimで前の部分がバンドより幅が広くはみ出してしまう。いつものようにShimanoのwebから取説をダウンロードして調整。元々ついていたものとストロークが違ったりするかもしれないが、シフトレバーはフリクションタイプなので気にしない。
右下は現在のようす。FD,RD,クランク,キャリパーブレーキすべて6600ULTEGRA。
乗ってシフトチェンジしてみたが、ストロークが短くなり、その分シフトレバーが重い。すぐに慣れるだろう。
毎度の事だが、ちゃんと調整し、チェーンやギア回りクリーニングして注油した後はとても気持ちがいい。パーツをいい物に替えるより圧倒的に効果がある。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと
中村円眞堂@instagram

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク