電子ブックリーダー kobo glo

kobo15051.jpg
普段はあまり使わないのだが出張などに行くときに持っていくため電子ブックリーダーを持っている。今まで使っていたのは Kindle Keyboard 3Gという日本では売ってなかった古いもの。これは、3G通信機能を持っていて無料で世界中の通信網に接続できる(遅いが)。最近のkindleはアマゾンの店にしかつながらないらしいがこれはどこにでもつながり gmail を使ってメイルを読むことができるので、いざと言うときの通信の確保と暇つぶしを兼ねて出張時には持っていくことにしている。
不満なのはメモリの容量で2GB位しかないのでもはや本があふれてしまっている。
で、国外出張時にはこれに活躍してもらう事にして、普段は別の物にしようと探してみたが、案外選択肢は少ない。Einkでkindle keyboardより解像度が良くて、フロントライトがついていて、安い物という条件でたどり着いたのがkobo glo。ヤフオクで5000円。キャンペーン時には新品でこの位だったそうなので結構割高。
重さは koboが185g Kindleが 230gと少し軽くなった。画面の大きさは同じだが解像度が高いのと全画面表示ができるのでそれなりに見やすくなっている。フロントライトはやはり便利でこれは最早必須の機能という感じ。操作性やページ送り等は1ページ目から順に読むだけなら特に問題は無いが、ページをジャンプしたいときはスライダーと反応の良くないタッチパネルなのでとてもやりにくい。表示の濃さもコントラストも変えられないのも不満。
とりあえず多くの事を望まなければ容量の不安は無いので良しとする。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと
中村円眞堂@instagram

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク