高エネルギー春の学校 2015 @ 北小松

hpss15061.jpg
今年で5回目になってすっかり定着した感のある春の学校が開催された。
今年の会場は今までで初めて前と同じところで北小松のびわこクラブ。昨年4回目にしてようやくいいところにたどり着いたという感じで、施設のスタッフの人も協力的であまり問題を感じない。
徐々に増えてきた参加者は今年は学生さんだけで70人を超えている。女性の参加者も随分来てくれて男女比が我々の業界標準よりとても高かった。少し残念なのは参加者がM1に集中することで、やはり、M2、Dの学生がいてくれたほうが世代間の交流もできるので良いと思うので、学年構成は今後の課題。博士の人は就職活動はないはずなので何とか参加を促したい。

今年、新しかったのは講義の内容で、いつもはいわゆる標準模型と現象論について講義してもらうのだが、超弦理論の先生にはなしてもらった。超弦理論というのは私たちスタッフでも全く理解できないものなのだが、今回話してくれた大阪大学の先生は本を書いたり一般向けの講演をしたりしている方で、神髄は無理でもわかりやすく楽しい講演をしてくださった。もう一つ、いつもは検出器の講義をしてもらうのだが、今年は我々がいつも仲良くしてもらっている加速器の先生の都合がついたのでやってもらった。この方はもともとLEP2で研究していた物理屋。なので、こっち側の事情も知っているから加速器理論の話の間にいろいろと楽しい話をしてくれてとても盛り上がった。
学生の講演は20と少し。ポスターは25。ポスターが多すぎたのと会場が少し狭かったのとで窮屈だったが、こちらがやめてと言わないといつまでも続くという感じで、ポスターの説明をし続けた人は大変だっただろう。

恒例の学生表彰も皆さんの投票を集計してすんなり決定。スタッフの事前予想とほとんど違わなかったので何の問題もなかった。やはり発表している内容の理解度、自分でやったということがわかる説明、質問への受け答えなどを見ていると何となく誰が優秀か感じるものがあるんだろう。

参加者の皆様、講師の先生方、お疲れ様でした。今年参加してくれた皆様、来年も来てください。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと
中村円眞堂@instagram

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク