The 21st Belle2 Open Meeting (3) ECLその他のミーティング

b2gm15063.jpg
ECLは日本韓国ロシアイタリアカナダあたりが中心となってやっているので皆が顔を合わせる機会は貴重、テレビ会議でも時差の関係でみんな参加するのが難しい。と言う訳でいろいろと細かいことを打ち合わせする。そういう会議が二つ。
一つはイタリアの人がやっている環境モニターのデバイスについて(左上)。使い道があれば(イタリアで)予算をもらえるのでどうだという提案。実際ちゃんと動いているし、もはやEPICSにもつながるので使わないのはもったいない気もする。ということで、元々の予定を変更してEndcap部分のモニターをこのままやってもらえば良いのではという提案。既にDataloggerのmultiplexerは買ってあってその分は無駄になってしまうが、それを除けば皆さん満足された気がする。
もう一つは進みの遅いPure CsIに関する物(右上)。Hardwareに関するStudyは着々と進んでいるのでその結果とともに、物理への影響をちゃんとSimulateしましょうという話で、基本的に前回と何も変わっていない。悲しいのは若い働ける学生をもってない年寄りばかりで議論しているので、総論に終始してしまい、具体論があまり進まないこと。これでは厳しい。
Forward EndcapにはARICH検出器が張り付くのだが、そのケーブルを取り出すコネクターボックスをどこかに取り付けないといけない。その場所を富士に行ってEndcapを前にARICHの人と相談(左下)。基本的にECLのコネクタにかぶさる形でしか置けないのでどうやって固定するかという感じの議論となる。
今日はGemba(現場) Meetingがたくさんあって私も顔を出した(右下)。写真は先日確認したTOPの配線に関する物。足場にたくさんの人がのると危ないというので、ポータブルカメラを持った人に登ってもらい下のディスプレイで議論するというスタイル。そのカメラとケーブルで5万とかするらしいのだが、このためだけに買ったらしい。金持ちだ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク