自転車で茨城の文化財 富谷観音 と 善光寺楼門

bike15075.jpg
国宝を自転車でみて回ったが、他県の物なので茨城県民としては、茨城にある重要文化財建造物が気になり調べてみた。一番古いのは富谷観音(小山寺)の三重塔で室町中期。室町時代の物はこれも合わせて8ヶ所。チョロく行けそうな所を攻めてきた。

富谷観音こと小山寺はりんりんロードの終点岩瀬駅から北へ2-3kmのと近いのだが、小山寺という位だから山中にあるので最後は登り。正面の南側から攻めると10%以上の坂になるが西の方から回り込むと平均8%程度と不動より少しきついくらいで1.7kmで130mほど登る。三重塔は左上の写真のようにかなり立派なもので1465年造。国の重要文化財に指定されている。写真に写っていない本堂、鐘楼と右上の仁王門は江戸時代の作で県が文化財指定している。
椎尾山薬王院とよく似た感じだが三重塔はこちらが古い。残念なのは左の写真塔の前に移っている赤い屋根の風情の無い建物で寺の事務所みたいなのだが、景観を著しく損ねている。

善光寺はフラワーラインを北に走ってかつて『しげふじ』というそば屋があったところを越え、道祖神峠の登り坂が始まる手前にある。石岡市太田。楼門(左下)は1501年造で国指定重要文化財。説明によると楼門は二階建ての門のことだそうだが写真をみて明らかなように上層が無い。建築途中に上層を作るのをやめたそうで代わりに茅葺きの屋根が乗っている。門をくぐって少し行き階段を上がると善光寺本堂らしきものがあるのだが、写真のように右側1/4位が朽ち果てて無残な姿を晒している。
どうしてこうなるまで放置できたのか不思議だが、今は石岡市だがかつては八郷町(もっと前は恋瀬村)だったので、その頃の文化財保護がなってなかったということだろう。あまりに無残過ぎて映画やテレビのロケ地になっているそうだが、そういうことで有名になっても全然喜べない。

KEKから不動を越えて善光寺、富谷観音を回り戻ってくると、いろいろ寄り道して100km弱。ちょうど良いサイクリングコース。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク