放射線シールド積み上げC側

belle15095.jpg
Belleの共通架台の組み立てやソレノイドの試験の横で行われていた加速器によるコンクリートシールドの拡張作業。C側(後方)が積み上がったので見てきた。
この拡張は加速器の性能強化に伴い増加する放射線を実験ホールの方に漏れないようにするための物。法令で定められた線量以下にしないと放射線管理区域になってしまう。放射線管理区域になってしまうと気軽に検出器にアクセス出来なくなるし、作業を頼む業者も限られてしまう。最初から運転中は検出器に近づかないという思想で設計していれば話は違うが、Belle2は既にある実験の拡張なのでそれはしょうがない。
で、現在あるコンクリートの壁に接するようにコンクリートの塊を積んで3m程拡張する。
写真上段は先週コンクリートブロックが運び込まれたときの写真。一個20tだそうで、千葉にある会社から運んできたそうだ。一旦ホール内に仮置き。
中段と下段は今日行われていた積み上げ作業の様子。重いが取り立てて難しい作業ではない。
下段右はC側にコンクリートがつまれた状態でB1回廊から撮った写真。
D側は1日から作業する予定。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと
中村円眞堂@instagram

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク