カトラリー Cutipol Moon

cutlery15121.jpg
英語でCutleryあるいはFlatware(日本語の一般名詞はあるんだろうか?)、いわゆるナイフやフォークだが、あまり持っていない。壊れないので長持ちしてしまうし、基本的には古典的なデザインのものが好きなのだがそういうものでいいものは結構な値段がするので、いつかいいものをと思いつつも全然買えていない。
これはそういう中最近買ったもの。
食器や料理道具は料理のうまい国で買うのがいいというのが私の経験則で、その点日本はPotentialにはいいはずなのだが、少々アレンジが過ぎるようで保守的な私の好みに合うものは少ない。
Cutipolはポルトガルの会社らしいのだが、フランスの百貨店で見つけて、現代的なデザインなのだが割と気に入り、日本に帰ってきてしばし逡巡したのち購入した。あまり在庫が無くてバラバラに買ったのだがこの3点で5000円くらい。高いのか安いのかピンとこないが、きっと、安い部類なのではないだろうか?
Moonはおそらくスプーンの丸い形に由来するのだと思う。
全体的にはシンプルで柄は細めのエレガントなデザインだが、ナイフはシャープなイメージ。使ってみてもあまり違和感は無く基本的には使いやすい。
一つだけ問題があるとすればフォークの柄が細く断面が丸いことで、ロングパスタをくるくる巻くとき、やりにくい。それを除けば気に入っている。
次は銀メッキされた古典的なものだが、買えるまでどれくらいかかるだろう?

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク