七面鳥を焼く

turkey15121.jpg
私はクリスチャンでは無いのでクリスマスには興味は無いのだが、時節に合わせた料理を作ることは悪いことではないので七面鳥を焼いてみた。もっとも、クリスマスに七面鳥というのはどこでもそうというわけではなく、アメリカでは七面鳥はサンクスギビングの時に焼くものでクリスマスは違うものを食べる気がする。
七面鳥はいつも利用する肉屋の通販で手に入れた。サイズがいろいろあるのだがひよって一番小さいのにした。1.8kgで2500円。結構高い。届いたのを見るとちょっと小さすぎた。これだと七面鳥っぽくない。もう一つ上のサイズ(6-8ポンド)にすれば良かった。

料理の仕方は簡単で、
1) 解凍し塩コショウして野菜とマリネする。(右上)
2) 脚を縛って香味野菜を敷いた容器の上に置き、油を塗る (左中)
3) 170度くらいで2時間ほど焼く (右中)
4) 皿に移しアルミホイルで被って落ち着かせる。
5) 香味野菜の残った容器を白ワインででグラッセし、こして煮詰めソースにする。

温度はあまり上げすぎると火が通る前にこげてしまうので大きさに合わせて調整しないといけない。焼く時間は1kgあたり1時間といわれているので適当に。焼けたかどうかの判断はここを参照
右下は半身を切り分けたところ。手羽とももは引っ張りながら付け根のところに包丁を入れ外す。胸肉は骨との間に包丁を滑らせてそぎとる。きれいにとろうと思わなければ難しいことはない。
小さいのを買ってしまったので普段食べている鶏のもも肉より小さくて七面鳥を食べた気がしない。胸肉はそれなりに立派だったが。白い皿も緑の皿も27cmなのでそれで大きさがわかる。とはいえ、まだ半分以上残っているので、それらはこれから料理する。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと
中村円眞堂@instagram

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク