全日本卓球 2016 @東京体育館

takkyu16011.jpg
先週末は今年も東京体育館に卓球を見に行った。
日曜日はシングルスしかないので、ダブルス準決勝、決勝とシングルス準々決勝がある土曜日に行こうと思っていた。が、伊藤平野の美宇美誠ペアも、シングルの福原さんも負けてしまい興味が薄れ日曜日に予定変更。去年同様前日に前売券を買いにコンビニに行ったら前売りは10日で取扱い終了とのこと。
今年も会場の30分前位についたのだが、当日券の窓口が長蛇の列。ここで15分くらい並び、そのご会場を待つ列の最後尾に並んで入場。一人だったので何とかSS席のすぐ横のいい席を確保した。二回自由席S2500円。
会場に入って去年を思い出したのだが卓球台周辺だけスポットがあたっていて、残りは試合をしていない間もずっと暗い。
女子の勝ち上がりは伊藤美誠さんと平野美宇さん、石川佳純さんと福原さんに勝って上がってきた加藤杏華さん。もし福原さんが残っていたらと思うと残念だが仕方ない。
優勝した石川さん水谷さんは盤石という感じで危なげなかった。
試合中平野さんがやたらと会場の光を気にしていた。フラッシュを焚かない写真撮影は許されていて、フラッシュが光らないことは皆さん確認されていたと思うのだが、AFの補助光が光っていたのだと思う。会場で注意する人もAF補助光を知らないので指摘できる訳もなく、やむなく途中から写真撮影禁止になった。光らせる人も光らせる人だがそれを気にしすぎる平野さんもどうかと思う。国際大会だと日本の会場のように聞き分けのある人ばかりではないのでいちいち気にして集中できないようでは試合にならない。
禁止になるまでは写真を撮っていたのだが、D600に1.4x のテレコンをつけた 80-200 F2.8をつけて開放F4、シャッター速度1/1000、ISO3200で1段くらいアンダーになる。明るい照明の体育館よりは1段分くらい暗い。

下の写真は途中で一旦退出して行った国立新美術館。DOMANIという展示会をやっていたのだがそこに出展している絵描きさんの知り合いという方から招待券をいただいたので覗いて来た。黒川起章さん設計の建物はなかなかに立派。ビルの中は6つの展示ホールに分かれていて展示会はそのうちの一つ。なので、小さい展示かと思ったら中が広くてビックリ。現代アートの展示会なのでどれも大変個性的で面白い。あまり芸術の素養は無いのだがタダなら楽しめる。

東京に住んでいる人は、ふと思い立ったら、世界最高レベルの卓球の試合と現代芸術が合わせて3000円くらいで楽しめるわけだ。卓球以外にも秩父宮ではラグビーが行われていたし、両国では大相撲。小規模な美術館博物館はそこら中にある、夜にはコンサートだってたくさん開かれる。当たり前だがつくばだと(京都でも)そうはいかない。都会は全然好きではないが、その点はとても羨ましい。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク