一人当たり電力

前に書いたエントリで一人当たりの電力消費量を計算した。
根拠は電気事業連合会による一世帯あたりの月平均電力消費量300kWhと、厚生労働省によると一世帯あたりの人数2.3という数字。計算は 300kWh/24h/30日/2.3人 = 180W/人。

他方日本の総電力消費は年1PWh程度。平均すると114GW位になる。これを人口1.27億人で割ると一人当たりの消費電力は年7.9MWh、平均的には900W位になる。一般家庭で消費されているのは全体の3割なので、一人当たり300Wとなり先ほどの計算180Wと全然一致しない。180Wで計算すると家庭の電力消費は2割になる。

さらにげんでんのwebによると家庭の消費電力は520兆kcalらしい。1cal は 4.2ジュール(Ws)なので 4.2x520兆/3600秒/1.27億人= 4.8MWh になる。さらに 365x24で割ると550Wくらいになり、上の180W とも 300Wとも違う。そもそも最初の520兆kcalが0.6PWh位あるのでこれを信じると家庭の電力は6割となり、また合わない。

私はいつも KEK の電力を説明するとき家庭の電力は一人当たり 300W を想定しているのだが、180W、550Wとは倍近い開きがある。どれが正しいのだろう?

資料は電気事業連合会のページや上記げんでんのwebにのっている。家庭部門用途別エネルギー消費量というのがわざわざ kcal になっているあたり、電気以外も含まれている可能性あり。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと
中村円眞堂@instagram

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク