Fuji Feather ホイール組み (4)

bike16026.jpg
ホイールは組み終わり、前後とも準備は整ったので交換作業。買ったホイールについていたスプロケットは厚歯用の14Tと16Tなので、軟弱な薄歯18Tに付け替えないといけない。
まずは、ホイールからスプロケット(コグ)を外す。ロックリングは逆ネジ、スプロケットは正ネジなので間違えないよう緩める(写真左上)。写真には素手で写っているが急に緩んだり、工具が外れたりすると危ないので、ちゃんと革手袋をした方が良い。ハブのネジはアルミなのであまり無理するとネジ目を壊してしまうので注意。
右上はFeatherについていたリアハブ。Fujiの刻印がある。赤茶色のパーツはカートリッジ式のボールベアリングだろう。シャフトはロード用みたいに中空だが内側にもタップが切ってあってここに蓋をかぶせるようにナットがはまり、フレームのエンドに留める仕組み。
中段はスプロケットをはめる前後のDura-Aceのハブ。こちらは長く太いトラック用のハブ軸。反対側はネジ目の保護用に何かつけようかと思ったが、ロックリングもないし、どうせ使わないので今のところそのまま。気が向いたらロックリングを買ってつけておこう。
後は、タイヤをはめて、前輪はロード用のハブなのでクイックで、後輪はチェーン引きをはさんで取り付ける。
下段は完成した黒い自転車の写真。あまり代わり映えはしないが、よりロードっぽくなった気がする。
この状態で重さを測ってみたら9.15kgだった。ベダルとスタンドを除けば9kgは切っているだろう。
ここまで来ると、チープなブレーキが目立つようになってきた。次の課題にしよう。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと
中村円眞堂@instagram

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク