サマーチャレンジあり方検討会

kscarikata16031.jpg
この週末サマーチャレンジ(KSC)在り方検討会というのが行われて、企画実行委員の人はなるべく参加せよということなので見物に行っていた。今までも行われていたことは知っていたのだが、基本的に誰にもアナウンスされないので初めての参加。
参加してみてわかったのだが、KSCの参加者が同窓会をしたいから会場を貸してくれと言ったのが始まりだそうだ。
ただの同窓会ではなくて二つの意味がある。参加者はサマーチャレンジの二年後と四年後で、自分の卒論、修論を発表するというのがひとつ(左下)。もう一つは未来のKSCについてOBOGで議論して企画実行委員に意見をするというのが一つ。
今回は参加者が少なかったそうだが20人で、旅費は親切なことにKEKから出ている。
最後の議論のところで学生さんの意見はいろいろいただいた。わざわざKSCみたいなイベントに参加するのもすごいと思うが、終わって四年経ってもまだ関わりを持ってわざわざ未来への提言をしてくれるなんて、たいしたものだ。いろいろ感じるものはあった。
上がってくる意見を聞いて、消化し、どう生かしていくかは主催する側の責任。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと
中村円眞堂@instagram

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク