利根川の源流へ自転車で (5)

tone16055.jpg
翌日もとっとと起きて車で再び道の駅に移動し、渋川の利根川沿いの自転車道を南下。ここから妻沼までずっとサイクリングロードがあるのでそこを走ることになる。
前橋までは10km弱。
走っていて前橋に一際高いビルがあり何だと思っていたら、群馬県庁だった(上右)。隣は前橋市役所(上左)で贅沢さが全然違う。茨城県民だったらわかると思うが、茨城県庁も水戸にあって一際高い贅沢なビルでお世辞にも趣味のいい建物とは言えないあたりも含め雰囲気はとても似ている。まあ、田舎者が高いビルを建てて自慢したかったのだろう。無駄なことをしたものだ。
サイクリングロードに戻り走っていると玉村町の五料橋の少し手前あたりから海からXXXkmという看板が立ち始めた。ここは186.5km(中左)。
その後五料橋で一旦左岸に渡り、上武大学の豪華な運動施設を横目に走って、坂東大橋で右岸に渡ると埼玉県本庄市に入る(中右)。群馬の利根川沿いのサイクリングロードはここまでで、ここからは埼玉県側を走る。
20kmくらいで目的の刀水橋に到達。橋を渡って写真を撮る(下左)。まだ橋の北側は群馬県。ここより下流は既に走っているのでこれで利根川は走破したことになる。ここから河口までは160km位。
その後、妻沼聖天山歓喜院(下右)をお参りして、籠原駅から輪行、昼頃には車にたどり着いた。
2日目の走行距離は65km。二日あわせて190km位。
初日の坂上りが応えて自転車ではありえないくらいの筋肉痛になった。
車と輪行を使っての1泊サイクリングが案外機能することがわかったのは良かった。車があると宿が少々不便な所でも問題ないから天気予報を見て前日に予約しても何とかなる。少し行動範囲が広がったので次はどこへ行こうか。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク