鋸山まで自転車で行く

noko16051.jpg
GW最後の週末は天気予報を見て北からの風だったので南の方に走ることに。前に養老渓谷を通って館山の方に走ったことがあるので今度は内房を通って鋸山に行くことにした。
元々は日の出とともに出る予定だったのだが若干朝寝坊して出発は5時少し前。普段は福岡堰のところで小貝川に出て南下するのだが、牛久沼の横を通って最短距離を通って常磐線の橋のところで小貝川に出て、利根川との合流地点(約35km)についたのが6時半(上左)。
栄橋で利根川を渡って印旛沼から流れる新川、花見川を通って幕張の浜(約70km)についたのが8時半頃(上右)。
ここからは基本的にずっと東京湾沿いに内房線にそって走ることになるが市原を抜けるあたりまでは埋立地の工業地帯みたいな所であまり走っていても楽しくない。東京から十分離れて田舎っぽくなってくると袖ヶ浦で11時頃東京アクアラインの下をくぐる(中左)。ここまで約110km。
さらに海岸沿いを走っていくと小一時間で富津岬につく。ちょうど引き潮だったようで砂浜は潮干狩りで大賑わい。そこに割り込むように車を乗り入れジェットスキーを降ろす人がいてわざわざこんなところでやらんでもと驚く。写真中右の変な形の展望台に登ると向かいの三浦半島がすぐ近くに見える。天気が良いと富士山が見えるはずなのだがこの日は無理だった。
富津岬を13:00頃に出発すると目的地の浜金谷まで後は30km弱。北風に押されて調子良く走って来たので順調に来ていたが、この辺から風向きが南に変わり、また、道も小さな岬を越えるためのアップダウンが多くなり脚にくる。目的地の鋸山ロープウェーの駅についたのは14:30の少し前(下左)。ここまで164km。
帰りの電車の時間を16:44に決めて、鋸山を観光、大仏を回ると90分と書かれていたところを1時閑弱で見て回る。結構な階段があって多分この日で一番心拍が上がったと思う。石で造られた大仏で日本最大の大仏と書いてあるのだが、多分、奈良の大仏より大きいからそう書いてあるのだろうと思う。実際は牛久大仏の方が圧倒的(4倍)にでかい。
下りのロープウェーを待つ人が多くてあせったが、予定どおり16:44の電車を捕まえ帰る。その電車が3時間もかかるのに走った距離を実感するのはいつものこと。
帰ってサイクリングコンピューターのデータを見ると、164.5kmを8時間弱で走り、走っている時の平均速度は追い風で坂もなかったのでいつもより速く約21km/h。2750 kcal位消費したので300g位は脂肪を燃やせただろう。
GWは全くやることが無かったので休み8日中6日走って、総走行距離はおよそ600km。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク