団子石峠愛宕神社裏不動

bike16071.jpg
降りそうで降らない空梅雨気味の最近の天気だが、週末は何とか天気が持ったので磁場測定の合間に走りにいく。
筑波山のあたりはいろいろ走ってほとんどの峠は登っていると思っていたが、愛宕山吾国山の方は走ってなかったのでそっちの方をマーキングしにいく。
不動を越えて八郷に下り柿岡の街をを抜けて瓦会(かわらえ)という所から上り坂に入っていくと一段目左の道標のあたりから坂が急になる。ルートラボによるとここから団子石峠まで3.3kmで245m登り平均斜度7.5%。実際は短い急坂と短い緩坂が交互に繰り替えされるという感じで急な部分は10%位はある感じ。それでも平均7.5%には変わりないのでどうということは無く20分と少しで峠についた(一段目右)。ここもいわゆる鞍部になっていて舗装道としてはここが頂上だが左右にハイキングコースが登っている。せっかくなので左(北)の方に200mほど歩いて名前の由来の団子石(二段目左)を見てきた。SPD-SLな人にはできない芸当だろう。朝からハイカーやトレランの人が多数。
そこから愛宕神社に行くには一旦東の方に坂を降りてUターンする形で別の坂を登ることになる(二段目右)。
ここから平均9%の坂を2kmほど行くと乗越峠(三段目左)でここもハイキングコースとの交差点。さらに少し行くと天狗の森公園の見晴らしの良いところ(三段目右)を経て愛宕神社境内の駐車場までいける(四段目左)。
拝殿は四段目右の写真のようなもの。ズルをして参道をすっ飛ばしたので由緒書とうは発見できなかった。後から知ったのだが背後に回り込むと奥院の方にいく階段があったらしい。もう一回行かないといけないか?
帰りは一旦東側に降りて吾国愛宕山の南側を回り込んで再び八郷の方に戻る。八郷からKEKへは仕方なく裏不動。不動峠は何回も登っているのだが実は裏不動はこれが初めて。五段目左の道標から約2.9kmで240m程登る。平均斜度は8.5%位だが途中に何度か10%の交通標識がある。何とか越えてKEKに戻る。およそ6時間位かかったが、走っていたのは5時間弱。
ガーミンの記録を見ると、今日は4度の峠越えをしたので1200m程登ったようだ。2000C位消費したらしい。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク