磁場測定 (13) 測定終了ヨーク開け

belle16071.jpg
週末の間に十分なデータを取って磁場測定は無事終了したようだ。
この後加速器の人たちによる独立な磁場測定があって、それに向けて測定装置の組み換えをするので早速磁場を下げてヨークを開ける(左上)。
足場組みをして、レールを延長、ロボットを取り出す前にもう一度測量する手筈になっていたのだが、ロボットが動かなくなった。原因を調べた結果、コンプレッサーのドレインが間に合わず水が入ってきて駆動装置が動かなくなったことが判明。全ての測定が終わったあとだったのは不幸中の幸だが、測定器を壊してしまって痛恨の極み。空気配管から入ってしまった水を抜く作業をするCERNの人(右上)の顔が悲しそうだ、大変申し訳なく思う。
明日は、何とか測量をやってロボットの撤去作業を行う。

26日にビームが止まって以来ビーム交差点ではBEAST2検出器の解体が始まっていたのだが、今日がきれいにする期日。見に行ったらすっかりきれいになっていた(左下)。午後にはケーブルの類も運び出されて仮置きされていた床もすっかりクリーンアップされていた(右下)。加速器の方では明日から小型門型シールドの撤去が始まる予定。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと
中村円眞堂@instagram

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク