B1回廊スピーカー設置

speaker16071.jpg
世間では夏休みが始まっていると思うのだが、7月8月は夏休みを利用した見学が非常に多く、大変ありがたいことに、おそらくこの2ヶ月で2-3000人の見学者がお見えになる。
筑波実験棟の見学のハイライトはB1回廊に降りて真正面にBelleを見る時だと思うのだが、筑波実験棟は騒音レベルが高いのと、やたら広いので説明が聞こえない。私は手持ちの拡声器を使うのだがそれでもなかなか見学者全員に聞こえるようにするのは難しい。
いつも見学者を引率してくれる広報の人が回廊にPAを設置してはどうかというのを聞いてなるほどと思い構想を練っていたのを実施した。
PA装置を業者に設置してもらうと非常に高いので、例によってせこくいく。
使用するのはBelleでなぜか持っていた会議用?のスピーカー二台。かつてレビュー委員会か何かを開くときに使って以来埃をかぶっていたものだ。6台あったうち2台を拝借する。物はアンプ付きスピーカーでマイクの入力と、ライン入出力があり、複数台芋づる式に接続できるので、一台にマイクをつなぎもう一台を芋づる接続する。
電源は壁の低い所にあるので、そこからケーブルカバーを壁に張って天井のケーブルトレーまで持っていく。スピーカーはとりあえずということでケーブルバインダーでケーブルトレーにぶら下げた(写真右上)。設置間隔は芋づる接続するlineケーブルの長さで決まっていて3m。思ったより狭かったかもしれないがとりあえず良しとする(左上)。
電源はスピーカーの方は入れっぱなしにしておき、電源の延長ケーブルをスイッチ付きのものにしておいてそれでon/offすることにした(左下)。我ながらneatなアイディアだ。
早速今朝見学があったので説明している所を見にいった。アンプ付きスピーカーが非力なのでちゃんと聞こえるか心配だったが、かなりクリアに説明は聞こえるようになっていた。少なくとも使わないよりは断然良い。
マイクアンプ付きスピーカーは持っていたものを使ったのでかかった費用はケーブル等約5000円。構想3ヶ月、実施は1時間だったが、なかなか素晴らしい工作だった。満足。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク