SG-Ex ブルホーン化 (2)

bike16112.jpg
ブルホーンバーに普通のブレーキレバーをつけるとブレーキワイヤーはブラケットに平行に出るので左上の写真のように90度曲げないといけないがここでフリクションが大きくなってブレーキがかけにくくなる。
解決策はいくつかあるみたいなのだが、ここではwebでよく見かけるワイヤーが出てくるところに穴をあけて中を通す作戦をとる。ブレーキレバーを仮止めして位置を確認して印をつけボール盤で穴をあける。アウターの径はおよそ5mm位だったので6mm位のビットを使ってあけていく。斜めに通すので細長くあけるため、3つの穴を開けそれをつないで加工した。アルミなので加工自体は大したことはない。アウターに傷がつかないよう穴の内側をヤスリでキレイにするのが一番手間がかかる。
あけた穴を使って仮にブレーキレバーをつけてみたのが下の写真。当たり前だがケーブルはハンドルバーの中を通っているので見えない。アウターの出口は右下の写真の位置につけた。これでほぼ真下に出ることになる。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと
中村円眞堂@instagram

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク