自転車で草津白根

kusatsu16111.jpg
早稲田の研究会はなぜか毎回自転車に乗るのに適した所で行われる。
今回は会場がツールド草津のスタート地点のそばということで自転車を持っていって走ってきた。
宿から292号線を少し登ると天狗ロッジがありそこらへんがスタート地点(左上)。火山活動のため上での観光が規制されているとか、夜間は道路が閉鎖されるとか色々書いてあるが、とりあえず登れるようだった。
坂はそれ程急ではなく不動より斜度は低い。しばらく行くと山頂へ登るロープウェーの山麓駅がある(右上)。ここを越えると道路脇の木が無くなって一気に視界が開け素晴らしい景色となる。登って行っても斜度はさほど変わらずずっと6%程度で景色と相まって気分良く登ることが出来る。ツールド草津のゴール地点がある草津白根レストハウスの駐車場は閉鎖されていて、その少し先が最高到達点(二段目左)。ここまで大体1時間20分かかっている。
ここで引き返してもいいのだが、もう少し走ると日本の国道の最高点である渋峠があるのでそこまで走る。一旦下って登るのだが万座の方へ向かう県道との三叉路の所から上は路面が凍結しているということで通行止めだった(二段目右)。
しばらくは走れそうだったのでゲートをくぐって行こうかとも思ったが潔く諦めて引き返す。
下りは写真を撮りながらゆっくり降りる。途中にある展望広場から榛名山が綺麗に見える。ロープウェーの山麓駅の手前には硫黄分を含むガスがでている所もあり飽きない。
下り終えるとそこは草津温泉なので、自転車を置いて西の河原大露天風呂(4段目右)で汗を流すこともできる。

ルートラボなどで調べるとコースの長さは12kmくらいで、760m位登るそうだ。平均すると6.3%。走っていてもほぼ単調に登るのであまりきゅうな所は無い。
例によってタイムを調べると、2011年ツールド草津の優勝者が33分くらい。私のタイムは2263人中2120番目くらいで大体偏差値33。2016年のstravaだと829人中464番目と健闘していてこれはほぼ偏差値50。
単純に20cmで割ると1時間3分程度なので1時間20分は少しかかり過ぎか。もう一割くらいは速く走れてもいい。

適度な登りでそれなりに長く走れる斜面で、景色も素晴らしく、走り終えた後には草津の温泉が待っている。今まで走った中で一番のコースといえる。これで山頂の景色も楽しめて、渋峠まで走れたらもっと素晴らしかったのに。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク