Nikon 1 リアキャップ改造

camera16121.jpg
WebでダブルリアキャップというMicroFT用の便利グッズを見つけ、レンズの付け替えの多いNikon1用に作ってみることにした。
Nikon 1用のレンズリアキャップはLF-N1000というので500円くらいで売っているので二個用意し(左一)、キャップの裏はすり鉢状に凹んでいるので接触面積を増やすため紙ヤスリで削って平らにする(右一)。
ネジ止めする人もいるみたいだが、レンズ側に突起があるのは嫌なので、接着剤で裏面同士を強固に接着する(左二)。適切に接着すれば破壊しなければ離れない程度には接着できる。
完成品が二段目右の写真。
レンズ交換の際は左手にこのキャップをつけたレンズAを持ち(左三)、カメラ外したレンズBをはめ(右三)、反転させたのちレンズAを外してカメラに取り付ける。実に簡単で安全だ。埃が入るかもしれないがそれが気になるなら、ボディーキャップをかぶせておけば良い。
これを作るためにキャップを二個買ったのだが、片側は既存のキャップを使えば良かったので、もう一個作れる。正月に使ってみて具合が良かったらもう一個つくろう。
工作自体はヤスリがけが面倒な事以外は容易なのでFマウントの方もやってみるか?

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク