欠陥線量計

radmon16121.jpg
見学など様々な理由により放射線管理区域にKEKの放射線作業従事者以外の人を入れることがある。放射線管理責任者にサインをもらうなど面倒な手続きなのだが原則30分以内に限り可能ということになっている。
で、入るときに入域する人に線量計をつけてもらい、入域中の線量をモニターするのだが、この線量計がとんでもない欠陥商品でこまる。
どういう欠陥かというとGHz帯の電波に反応して誤動作してしまうというもので、借りるときに誤動作防止のため携帯電話やスマートフォンを切れといわれる。私も何度も借りていて何度も誤動作させたことがあるが、携帯電話を切っていても誤動作するのでWiFiのような電波でも反応するようだ。ということは、許認可のいらない使いたい放題の周波数帯の電磁波でも誤動作するということなので、これは誤動作を防ぐのは無理ということだ。
私は入域前に見学者に注意を促した後、線量計の写真を撮り値を記録しておいて、退域したらすぐにもう一枚撮って線量を記録することにしている。
とんでもない値が出ても、電話のそばにおいたと言いさえすれば何とかなるようでは測っている意味が無い。
いくらしたのか知らないが、とっとと捨てて、買い替えた方がいいだろう。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク