後方Endcap ECL据え付け 位置調整

belle17019.jpg
引き出し装置に置いただけだといい加減な位置なので、引き出した状態で大雑把に位置調整する。
レーザー墨出し器(左上)があったので使えるかと思って用意して、ちょうどいい高さに置いたのだが、レーザーの幅が広すぎて精密用途ではなさそうだった。
位置調整の為のターゲットはEndcapの容器の構造部分のケガキ。測量器で見やすいように上下左右各二ヶ所ずつ計8箇所にあらかじめ反射ターゲットを貼っておいた(右上)。
測量器はいつものトータルステーション(左中)であらかじめBelleの座標を教えておく。
調整はまず直立しているかを調整(4mmほど傾いていた)、次に左右の高さの調整(1-2mm程度)。高さの調整は引き出し装置上部についている可動部を固定しているネジを緩めてジャッキで上げ、再固定と言う繰り返し(右中)。最後に、左右方向の位置調整。引き出し装置の据え付けは適当なので左右方向には結構ずれる。7mm程右にずれていたのでこれを調整して、およそ狙いの1mm程度以内には位置調整できていると思う。
余った時間で固定用の金具を取り付け。これが非常に重くてクレーンで吊らないといけないので結構時間がかかる(左下)。3個つけたところで時間切れ。残りは明日。
右下が現在の後方側の様子。
明日は、VXDの人を呼んで一度押し込んでみる予定。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと
中村円眞堂@instagram

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク