後方Endcap ECL据え付け 固定

belle1701c.jpg
昨日の段階で位置決めまで終わっているので後はソレノイドの容器側から出ている金具とEndcapの金具を結合して固定する。
ライナーを入れてネジを締めるだけなので楽勝と思っていたのだが、完全に金具の位置があっているわけでは無いのでネジが入るかどうかわからない。ずれをエンドキャップ側の金具のガタの分で吸収できなければ大変な作業だ。と、昨日の作業終わりに気づいてずっと懸念していた。
こういう悪い予感はMurphy's Lawにより当たるもので、やはり、何か所か入らないところがあり、最悪の奴はクレーンを持ってきてEndcap側の金具を外して(右上)、Belle側の金具のネジも緩めて金具をずらし何とかいれるという塩梅。
すべての金具のネジが入ることを確認するのだけで午前を費やした。
次はライナー入れ。左上の写真が金具を正面から見たもので、開いている隙間にネジ穴を避けるように作られた専用のライナー(左中)を入れる。
そして、ネジを締めるのだが、金具の裏側の方にネジの頭があるので締めるのが絶望的に困難。設計したときは周囲に充分スペースがあることを想定していたと思うのだが、実際は他の検出器の配管、配線があってスパナを入れる隙間は全然無い。左下の写真を見るとどれだけ締めるのが困難か分かると思う。専用の工具を作って何とか締めるのだが、とても規程のトルク(90Nm)で締められているとは思えない。なので、ここはもう少し工具を考えて、引き出し装置を外す前にもう少し増締めしないといけない。
結局今日の作業時間ギリギリにすべてのネジを締めてこれで固定完了。
一応これで物理的にはエンドキャップの据え付けは終わった。

個人的には一大事業が終わった気がしているのだが、興味を持ってくれる人はほとんどいないので、誰も何も聞いてくれない。なので、世の中で終わったことを知っているのは私と作業をしてくれた業者の人を除けばまだ数人だ。

固定自体は終わったが、固定に際して位置がずれたと思われるので、明日はどのくらいずれているのか測量する予定。どれだけずれていても修正する気は無いので気休め見たいな物だが、のちの参考資料として。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと
中村円眞堂@instagram

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク