後方Endcap 配管配線作業

belle1701f.jpg
月曜日から引き続き配管及び配線の作業に入っている。
配線の方は業者の人にお願いしてケーブルを引いてもらい、接続、末端の処理は物理屋でやる。昨日のうちに信号線は設置し終わっていたようで、朝見に行くと信号線はすべて接続されていた(左上)。冷却水がまだなのだが短時間なら運転出来るので信号の確認作業が始まる見込み。
今日はバイアス電源のコントロールとモニターをするためのLANケーブルとOnline Luminositi Monitor用のケーブルの作業が行われ、帰る前に見にいくとエレキハット二階に指示どおりケーブルが設置されていた(右上)。
私は据え付けのときに外してキャップがしてあった配管をつなぐ作業をしていた。左下の写真に写っているのがEndcap側の配管で3つあるうち左右が冷却水、中が乾燥空気。今日は気軽にできる乾燥空気の方。コネクタをつなぎ変えて保管のときにも使っていた配管を再びばらして元の状態に戻す。古いカプラーを調べるとバルブ部分のバネが非常に固くなっていて、経年劣化しているようだ。後10年は使えるよう新品に交換した。
エンドキャップを引き出したときも使えるよう2m程余長をとって接続、乾燥空気の供給を開始した。
次は冷却水の配管。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク