26th Belle2 Open Meeting (3) 終わり

b2gm17023.jpg
月曜に始まったB2GMも今日の午前で終わり。
いつも夕方までやっていたのに早く終わると思ったら、アメリカ向けの飛行機に今日乗ろうとすると午前中に終わるのが良いそうだ。
写真左上はPlenaryでのECLのサマリートークの一コマ。後方エンドキャップの据え付けは1頁だけ紹介された。きっと、誰も、誰がどうやって据え付けたかは知らないだろう。まあ、大実験というのはそういうものだ。
エンドキャップKLMで問題が見つかったそうで、モジュールを二枚交換したいと言う。交換するには引き出し装置を外さないといけないので一週間位の仕事になる。ECLの不十分な固定を解決して3月末にやるしかないだろう。
その他の検出器の準備状況だが、どんどん厳しくなっているのは間違いなくて、例えばSVDは予定に間に合うにはこれから土日も休まずシフトを組んで組み立ててぎりぎり間に合うスケジュールらしい。つまり、何かが起きればその分遅れるということ。PXDはASICのバンプボンディングがうまく行かず4ヶ月遅れるそうで、こちらも余裕はほぼ無くなった。ARICHはHV電源の最初のモジュールが届くのが6月末だそうで、その1ヶ月後くらいにはECLと合体。とても無茶なスケジューリングだと思うが大丈夫なのか?

まあ、遅れるのを承知で無茶なスケジュールを立て、早くするバイアスをかけるというのが方針らしいので遅れるというのは織り込み済みということなんだろう。予定では2月の後半にビームをSuperKEKBにまわし始めるらしいのだが、年度内Phase2開始は風前の灯火というところ。

右上はある日の筑波実験棟の様子。駐輪場が手狭になって拡張したのだがそこもあふれる勢いで自転車がやってきた。施設部の人は満足だろう。私がこれを見て思うのは、KEKってこんなに一杯貸し自転車を持っているんだということ。取り敢えず外人さんの言うことにはすぐにしたがって世話したがる。やってくれるので甘えてリクエストする。という構図。
左下は最近急にアグレッシブになっている広報の人の活動。Bで始まる単語を使ってBelle2について何か語るのを撮るというのをやっている。私も頼まれたのだが遠慮した。集合写真にだって写りたくないのに、ビデオなんて無理だ。
右下は参加者が秘書にプリントをさせるのが負担だということで、置いてみたプリンタ。飛行機の搭乗券をプリントしたいという希望があるらしい。カウンタを調べたら60位増えていた。秘書さんに聞いてみた所、プリントの依頼は激減したということで約に立ったらしい。

次のB2GMは6月19日から。その頃にはRollinも終わってQCS+Belleで磁場測定と宇宙線をやっている頃だ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク